« お食事中の方、どうもすいません | トップページ | 「はい、マイケル」 »

2005.01.17

昼ドラの仮面ライダー

 現在MBS系列(関東地方ではTBS)の13:30から放送されているドラマ「メモリー・オブ・ラブ」。これが放映されている時間帯、家にいるときにはNHKを見ることが多いおれがこのドラマを見るのは、3週間に一度の通院日のときだけである。午後イチで訪れると、病院の待合室では無難にNHKの「スタジオパークからこんにちは」が流れているのだが、薬局の待合室にあるテレビではなぜかTBSにチャンネルが合っている。なのでどうしても目に入ってきてしまうのだ。

 2話目の放送日のときだったか、新聞のテレビ欄でこのドラマが取り上げられていたのだが、一部の配役を目にしたおれは目を丸くした。ヒロインの相手役が仮面ライダーカイザで、その義兄役が仮面ライダーデルタだったのである。このキャスティング、わざとやってんのか、毎日放送? カイザとデルタではない、あれは俳優の村上幸平と原田篤なのだ、と分かっているつもりでも、特撮者の業がそれを許さない。困ったものだ。同様の見方をしてしまう人は、特撮者以外にもいる。仮面ライダーのメインの視聴者である(はず)の子供たちの母親である。こちらのお母さんも、やはり俳優に、かつてライダー役者だった経歴を重ねながら見ているようだ。

 おれが村上氏をこの時間枠で見たのは、このドラマが初めてではない。以前病院かどこかを舞台にしたドラマにも出演していたのを見た憶えがある。ライダー出演中は「腹の底では何を企んでいるか分からない」キャラクターを演じていたが、そのドラマではどこから見ても好青年という感じの役だった。「役が違えばイメージもずいぶん変わるもんだなあ」と思ったものだ。

 かつて仮面ライダー1号・本郷猛を演じた「藤岡弘、」(『、』を付けるのが正しい表記)は、ライダーのイメージを払拭するためにだいぶ苦労したと聞く。アメリカのテレビでスーパーマンを演じた俳優が、そのイメージから脱却できないことを悩んで自殺したという事件もあった。それに比べれば、現代のかつてのライダー俳優は「仮面ライダーだった」ことをうまく足がかりにしているように思う。

 ライダーに比べると、戦隊シリーズの出演者でその後の活躍を目に出来る人があまりいないような気がするのだが、なぜだろう?

|

« お食事中の方、どうもすいません | トップページ | 「はい、マイケル」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
あまり詳しくないですが、最近は、戦隊からの出世ルートも出来上がりつつあるようで、「ハリケンレッド」の塩谷さんは、井筒監督の新作「バッチギ」で主演、「デカレッド」の載寧さんは新作ドラマ「富豪刑事」のレギュラーなどがあるようです。

投稿: bros | 2005.01.17 15:12

brosさん、はじめまして。当ブログ開設以来、第1号のコメントです。ありがとうございます。
戦隊はライダーより低めの年齢層をメインターゲットにしている分、ちょっとハンデがあるのかな、とか思ったりもします。でもデビュー間もない頃を知っている役者さんが全く違うフィールドで活躍しているのを見ると、なんかうれしいですね。
そういえば、このトピックを書くに当たって「スタジオパークからこんにちは」のサイトを見てみたら、明日(1月18日)のゲストが「クワガライジャー」の姜さんと知りました(プロフィールにはしっかり『ハリケンジャー』のタイトルがありました)。兄者は兄者で、たまに体力勝負系の番組で見かけますね。

投稿: ぶるない | 2005.01.17 16:40

戦隊シリーズ出身で主に活躍してる人たち

永井大、金子昇、照英、ケイン・コスギ、玉山鉄二、合田雅吏、西村和彦、田中幸太朗、さとう珠緒、山本梓

投稿: ぽえむ | 2005.09.05 19:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/2600419

この記事へのトラックバック一覧です: 昼ドラの仮面ライダー:

» 2005/01/18 [ハウツー村上幸平]
昼ドラの仮面ライダー/お名前わからなかったです申し訳ない。  この記事おもろい。否定から入ればアナリストぶれると思い込んどる輩とはセンテンスの選び方が違う... [続きを読む]

受信: 2005.01.18 18:48

« お食事中の方、どうもすいません | トップページ | 「はい、マイケル」 »