« パソ通時代の終焉 | トップページ | 続・こんなのが社長で大丈夫? »

2005.02.18

こんなのが社長で大丈夫?

 自慢じゃないが、おれは生まれてこの方、煙草を直接口にくわえて吸ったことは一度しかない。ある年の会社の忘年会の席上で、酔った会社の人に吸わされたのである。感想はというと、うまいともなんとも思わなかった。ただ煙の匂いがしただけである。

 もっとも、父はおれが小学生の頃に吸っていたから、その当時は受動喫煙をしてはいたはずである。その父も胃を悪くして入院して以降、きっぱりと煙草を断った。会社勤めをしていたときも、おれは極力喫煙所には近寄らなかった。それくらい煙草の煙はダメである。ある日、喫煙家の真後ろに座って2時間ほどゲームを眺めていたときには、激しい頭痛に見舞われ、その後行った飲み屋のトイレでオエオエしたこともある(飲み過ぎたためではない)。そんな有様だから、パチンコ屋や電車の喫煙車両など、紫煙の充満した空間には、可能な限り足を踏み入れたくないと思う。

 そこで、このブログ経由で読んだこのニュース。 ブログ側は「ばかか?」の一言で一刀両断にしているが、ニュース記事を読んだ限りで類推すると、 「自分が自称愛煙家であることを一般論とすり替えようとしている」ように見えるのだが、どうだろうか? 「煙が好きでない人は、喫煙場所の近くに寄らなければ、それほど影響を受けないのではないか」というコメントに至っては、 「あんた『受動喫煙』って言葉知らないだろ?」と突っ込みたくなる。喫煙車両の検札をしていたせいであんたの会社の車掌が肺癌になったら、ちゃんと労災の手続き取ってくれるんだろうな? こんなのが社長やってて大丈夫なのか、JR西日本。

 そりゃたしかに、喫煙家は煙草を買うことで、そうでない人以上に国に税金を納めているのだから、 「煙草くらいもうちょっと自由に吸わせてくれい」とでも主張したいところであろう。だが嫌煙家の立場から言わせてもらうと、 「あなたたちは大気中に有毒ガスを撒き散らしていることを自覚しながら煙草を吸っているのか?」と。喫煙家が直接吸い込む煙よりも、周囲に漂っている副流煙の方が有害であることが解ったのは最近の話ではない。

 別に「吸うな」と言うわけではない(ホントは言いたいが)。吸うならちゃんと然るべき場所で吸ってもらいたい。あと「吸い殻は灰皿に捨てろ」。煙草を吸う人間の最低限のマナーだとおれは思っているのだが、それさえも解っていない自称愛煙家がはびこっている。困ったものである。そこの自称愛煙家のアナタ、道路は灰皿じゃありませんぜ

|

« パソ通時代の終焉 | トップページ | 続・こんなのが社長で大丈夫? »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/2978450

この記事へのトラックバック一覧です: こんなのが社長で大丈夫?:

« パソ通時代の終焉 | トップページ | 続・こんなのが社長で大丈夫? »