« 今日は猫の日 | トップページ | 親の顔が見てみたい・その2 »

2005.02.22

親の顔が見てみたい

 子供にとって不幸なことは、親を選べないことである。そして、親が子供に対して自分の考えを押しつける最初の機会は「命名」という儀式である。この場合「自分の考え」というフレーズは「自分の趣味」というフレーズと完全にすり替えが可能である。 

 友人のサイト経由で見つけた「かわいそうな名前をつけられてしまった子供一覧。」。……まったく、最近の親は自分の子供に何を求めているのやら、さっぱり解らない。以前どこかの生命保険会社が調べたという珍名さんを見て呆れかえったことがあるが、今回のものはある意味それを上回る破壊力を持っているかもしれない(情報源が提示されていないのが難ではあるが)。

 強引な当て字(どうやったら『偉大盛』を『いであ』と読めるのか教えてほしいものだ)などは序の口で、単に好きなタレントの名前を付けてみただけ(双子の名前に『楽瑠琥(らるく)』と『詩慧瑠(しえる)』だなんて趣味丸出しだぞ)のものやら、親が自分の学のなさを露呈したもの(『端穂』はどうやっても『みずほ』とは読めない)やら、子供に対して呪いでも込めてるとしか思えないもの(人の名前として『うんこ』なんて読みが許されていいのか?)やら、子供の将来が不安になりそうなものばかりである。

 子供は物心が付くと、往々にして自分の名前の由来を尋ねるものだ。そのときになって、これらの名前を付けてしまった親たちは胸を張って由来を説明できるのだろうか? 名前が元で子供が非行に走っても知らないぞ。

|

« 今日は猫の日 | トップページ | 親の顔が見てみたい・その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

無理矢理当て字にしてつけるのはどうかと思いますよね~w でもこのページってほんとなのか嘘なのか、どうなんでしょw

私も親に由来を聞いたことありますけど、
どうやら画数が良かったらしくてw
うちはそんなもんでしたょ♪

ではでは(*´∀`)ノ

投稿: 姐さん | 2005.02.23 04:45

今朝までに、リンク先のURLをキーワードにしてこのブログにたどり着いた方が3名ほどいらっしゃるようです。姐さんもそのうちのお一人でしょうか?

本文中にも書きましたが、このリンク先は情報源を明らかにしてないのがちょっと眉唾物なのですが、昔から「事実は小説よりも奇なり」ともいいますから、100%ネタということもないと思います。…ないと思うんだけどなあ。そこんところどうなのかはページ作成者のみが知るところなのかも。

自分の場合は、やはり字画と、あとはそれなりに親の願いが込められていると聞きました。読みだけはものすごくありふれた名前なんですけど。
いずれにせよ、子供の名前で奇をてらう必要ってないと思うんですけど、最近の親御さんはそう考えなんでしょうかねえ。

投稿: ぶるない | 2005.02.23 07:46

http://www.f7.dion.ne.jp/~moorend/news/2005021801.html
この記事にささげるURL↑

投稿: hellen_lizard | 2005.02.23 18:34

うーん、こういうあからさまな「ウソ記事」を提示されると、例のページの信用度もガタ落ちしてしまうなあ。
ますます作成者の襟首をつかみ上げて「そこんとこどうなんだ、エェ?!」と問いつめたくなってしまうぞ、実際。

投稿: ぶるない | 2005.02.23 19:42

あー、ごめん、そういうつもりじゃなかったんだけど、ようは、こういう嘘記事が出てしまうほどに世の中には信じられない名前が増えてるってことじゃないかなと。
双子で「うるる」と「さらら」なんてのも実際に見ているし。
これがネタだとしても、それが通用するような世間になっちゃってることが嘆かわしいなと。
すまん。

投稿: hellen_lizard | 2005.02.23 19:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/3039047

この記事へのトラックバック一覧です: 親の顔が見てみたい:

» アリ?ナシ?こんな名前もあるんだよぉ〜ん☆ [□喜怒愛樂□ 姐さんの気になる記(σ゚3`*)σチェケラ!!]
かわいそうな名前をつけられてしまった子供の一覧には驚き{/kaminari/} その中でも結構あたし的に・・・ (。´・ω・)お?ありじゃない?って思ったの... [続きを読む]

受信: 2005.02.23 04:45

« 今日は猫の日 | トップページ | 親の顔が見てみたい・その2 »