« 合併狂騒曲、鳴りやまず | トップページ | アンチの不思議 »

2005.03.01

ノートン先生に困惑す

4月6日追記:ノートン関連製品のアクティブ化の不具合に困って、検索エンジン経由でこの記事にたどり着いた方へあらかじめご忠告。この記事には具体的な対処法は載ってませんこちらのページをご覧になった方が問題は早く解決すると思われます。

 昨年9月にメインとして使っていたデスクトップPCがハードディスクのクラッシュによりおシャカになったため、それ以降はモバイル用として買ったノートPCを使うことを余儀なくされている。いきおいネットへの接続時間も長くなるため、セキュリティ対策としてNorton Internet Security 2005(以後NIS2005と略す)を導入した。この種のソフトとしては定番と言っていいだろう。ところが、このNIS2005に導入されているアクティブ化機能がおれを悩ませている。

 ソフトはメーカーの直営サイトから買ったのだが、ものが届いた頃がちょうど精神的に低空飛行の状態だったので、インストールはそれから数日後に行った。そのインストール作業自体はなんの問題もなく終了した。当然の手順として、おれはアクティブ化の作業に取りかかった。これを怠ると15日後にはソフトが動かなくなる時限爆弾のような機能であるから、やらないとあとで痛い目に遭う。で、このときのアクティブ化の作業もなんら問題なく終了した。

 ところがである。しばらく使っているうちにソフトが挙動不審の動作をするようになった。確かにアクティブ化したはずなのに「アクティブ化が必要です」とのダイアログが出るのである。おかしいとは思ったが、アクティブ化しないとセキュリティが有効にならないのだから仕方ない。言われるがままに再度アクティブ化を実行した。これで終わりと思ったが、その考えは甘かった。まるで悪徳金融業者の取り立てのように「アクティブ化が必要です」のダイアログは何度アクティブ化しても出てくる。そもそも「PC1台に付き1ライセンス」という使用許諾契約ではなかったのか?

 そうして何度も何度もソフトのアクティブ化をしているうちに、とうとうこんなメッセージが表示された。「このプロダクトキーでインストールできる数を超えました。」。おれの頭の中は「?」で飽和状態になり、サポートサイトに泣きついた。すると、どうやら同じ症状があちこちから報告されていたらしく、解決方法は「よくある質問」の中にあった。対策ファイルも用意されていた。サービスセンターに連絡した上で、早速ダウンロードしてインストール。

 やれやれと思ったのもつかの間、症状は再発した。参照したサイトのドキュメントにはこうあったのに――

次に 2 回ほどコンピュータを再起動する場合、製品をもう一度アクティブ化するよう確認される場合があります。お使いのシステムによっては、これは正常な動作です。製品のアクティブ化の画面が表示されたら、製品をもう一度アクティブ化してコンピュータを再起動してください。この手順をもう一度繰り返すと、Norton AntiVirus がアクティブ化されるはずです。

 ……あのう、「正常な動作です」と言われても、まるっきり対策ファイル導入前と変わんないんですけど。

 今度はオンラインサポート宛にメールで問い合わせた。回答が来たのは昨日のことである。メールの文面を読んでみると、どうやら知らないうちに対策ファイルはバージョンアップされていたらしい。「今度こそ」とファイルをインストールしてPCを再起動したところ、またしてもあの忌々しい「このプロダクトキーでインストールできる数を超えました。」がお出ましになった。おれは再度メールで問い合わせている。これに対する回答で正常な動作になってくれるといいのだが。

|

« 合併狂騒曲、鳴りやまず | トップページ | アンチの不思議 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/3126585

この記事へのトラックバック一覧です: ノートン先生に困惑す:

« 合併狂騒曲、鳴りやまず | トップページ | アンチの不思議 »