« ルパンとガメラと地下鉄サリン事件 | トップページ | 何か足りない「乗りつくし」 »

2005.03.22

なんかしらける万博

 愛知万博が週末の3月25日から開催されるということで、マスコミ各社はこぞって万博万博と騒いでいる。21日付けの新聞のテレビ欄ではあちこちに「愛知万博」とか「愛・地球博」といった文字が見られた。1970年に大阪で開かれたもの以来の国際万国博覧会なのだが、どうにも個人的には興味が湧いてこない。なんというか「マスコミが勝手に騒いでいるだけではないのか?」という印象がぬぐえないでいるのだ。

 18日から20日にかけて実施された内覧会では3日間で約11万4000人が来場したそうだが、さまざまな問題が噴出したという(Sankei Web)。特にこの程度の動員数をさばききれないお粗末な交通アクセスは大きな問題ではなかろうか。リンク先の記事では協会側が、「内覧会は地元関係者が多く、リニモの利用率が高い。本番は客足が分散し、今のままで対応できる」などと呑気としか言いようのないコメントをしているが、リニモは今回の万博の目玉のひとつではないのだろうか。乗りたがる人は内覧会とは比べものにならないくらいいると考えるのがむしろ自然なのではないだろうか。イベント会場までの交通機関で「90分待ち」なんてお話にならない。アミューズメントパークのアトラクションとは次元が違うのだ。青島都知事(当時)の鶴の一声でイベントそのものがおシャカになった世界都市博がもし開催されていたら、ゆりかもめにさぞや非難の矛先が向けられていただろう。

 また、テロ・食中毒対策という大義名分を振りかざして、弁当やペットボトルの持ち込みを原則禁止してしまうというのもどうだろうか。ペットボトルの持ち込み禁止は昨年8月の段階で決定していた(YOMIURI ON-LINE)。協会側は「事前PRを徹底し、混乱が生じないようにしたい」としていたが、先日の内覧会の様子を見る限りでは、その事前PRとやらが徹底されていたとは思えない。ひなさんのこちらの記事を読むと、協会がやろうとしていることは大義名分を笠に着たぼったくりではないかという疑念が強くなる。変なところだけ浦安にある「ネズミの国」のマネをして来場者の反感を買うこともないだろうに。「会場内ではコーラが1本600円」なんて価格設定は、どうひいき目に見てもクレージーだ。

 ここまで書いてきて、マスコミが必死こいて万博の宣伝をしているのは「マイナスイメージを少しでも減らそう」という、涙ぐましい努力なのかもしれん、などと思えてきた。かく言うおれは、20年前に地元茨城で開催された科学万博でさんざんな目にあったせいで、ある種の「博覧会アレルギー」とでも言うべき体質になってしまったので、わざわざ愛知くんだりまで行って不愉快な目に遭う気は毛頭ない。


3月28日追記:トラックバックを受けて、この件に関して新たに記事を書いたのでそちらも参照いただきたい。

|

« ルパンとガメラと地下鉄サリン事件 | トップページ | 何か足りない「乗りつくし」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/3396815

この記事へのトラックバック一覧です: なんかしらける万博:

» 愛知万博・・アレルギー問題のその後 [ようちえんじといっしょ]
何だか愛知万博のことばかり書いているような・・・(^^ゞ 先日、アレルギー(どっ [続きを読む]

受信: 2005.03.22 22:58

» 弁当持込禁止で分かった博覧会協会の“主観万博” [花見で一杯]
それでも弁当禁止 抗議殺到 持ち込み問題 (中日新聞) あれだけ抗議が殺到しているのに無視を続けている博覧会協会の姿勢に呆れてしまう。 弁当持込禁止やペットボ... [続きを読む]

受信: 2005.03.24 00:26

» 【愛知万博】飲食物が高い「デマ」に注意!【実はコミケより安い】 [中島ひな的ブログ - HINALOG]
500mlのジュースが600円する情報が流れていますが、実際は150円で買えます... [続きを読む]

受信: 2005.03.27 21:46

« ルパンとガメラと地下鉄サリン事件 | トップページ | 何か足りない「乗りつくし」 »