« 拝啓、ココログさま | トップページ | Not even justice, I want to get truth. »

2005.03.26

野次馬を締め出せ!

 とりあえず放送第1週目を終了した「列島縦断 鉄道乗りつくしの旅~JR20000km全線走破~春編」であるが、見ていてどうにも許せないのが駅で関口氏(というか生放送)を待ち受けている野次馬連中である。特に今日放送された博多駅にいたオバハンは許し難い。いかにも気付かないふりをしてカメラの前に割り込んできて、マイクが拾うのを狙っているとしか思えない大きな声を出して車内販売のワゴンの商品を買おうとしていたのである。それだけだったら「天然ボケのおばさん」で済まされたかもしれない。が、その後カメラが博多駅長に向くと、オバハンは駅長の後ろに回ってフレームインを狙っていたのである。一緒に見ていた母と「なんだアレは!」と毒づかずにはいられなかった。おれが現場にいたらライダーキックをお見舞いしているところである。

 昔からテレビカメラが行くところ、野次馬が絶えた試しはない。凶悪な殺人事件があった現場でレポートしているその後ろでVサインなどかましているバカ、野球中継でバックネットが映し出されると携帯電話片手に階段を駆け下りてきて知人に「おれ今写ってるぞー」なんていちいち手なんか振って報告してる奴。

 一視聴者として言わせてもらう。お前ら目障りだ。

 現場中継の場合、その手の野次馬を押さえ込むにはスタッフの人員的な限界があるだろう。スポーツ中継の場合には一介の目立ちたがりなど相手にしている場合ではないだろう。つまるところ、各個人の心がけ次第というレベルの問題になってしまうのだが、現場スタッフには出来うる限り野次馬を排除してもらいたいと思う。視聴者が見たいのは「現場にどれほどの人が集まっているか」などではない。本来カメラに映し出されるべき出演者である(番組によっては人間以外の場合もあるだろうが)。

 冒頭の番組の話に戻るが、今後も関口氏の旅は続き、朝の駅にテレビスタッフがお邪魔する。せめて番組の進行を妨げるような行為や「自分が写ればいいや」的行為は慎んでもらいたい。これから中継が予定されている駅の近隣住民と利用客に対して強く要望する。

|

« 拝啓、ココログさま | トップページ | Not even justice, I want to get truth. »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/3451827

この記事へのトラックバック一覧です: 野次馬を締め出せ!:

« 拝啓、ココログさま | トップページ | Not even justice, I want to get truth. »