« 食べられない日々 | トップページ | 新型新幹線の試験車発表 »

2005.03.09

踊る阿呆に見る阿呆

 昨年来ヒットを飛ばしている「マツケンサンバ」であるが、なんであそこまで支持される、というかウケているのか理由がさっぱり分からない。正直言って、あの曲は嫌いである。肌に合わないというか、生理的に受け付けない。ラジオでイントロが流れてこようものなら反射的にスイッチを切ってしまうくらいダメである。

 初めてこれを聞いたのはラジオの深夜放送だった。第一印象は「松平健も年甲斐もなくバカなことやってるなあ」だった。その翌週くらいには「マツケンサンバII」なるモノ(一般的に認知されているのはこの曲である)まで聞かされてしまい、声を殺して笑った(なにせ聞いたのが深夜だったので)ものである。それがどういう経過をたどったのやら、いつの間にか「紅白歌合戦」に出るほどのメジャータイトルにのし上がっていたのだから、世の中分からない。

 昨日は昨日で、「サンバの日」と称して東京ドームに1万人を集めて踊り狂ったらしい。もちろん、ここでいう「サンバ」とは「マツケンサンバ」以外の何物でもない。「3月8日」と「サンバの日」をキーワードにしてググってみたら、このイベントに絡む記事ばかりがヒットして頭が痛くなった。

 顔を白く塗りたくって派手な殿様の格好でバカなことをしている、という点においては「志村けんのバカ殿様」と変わらないのではないかとも思うのだが、どうか。それが片や歌番組、片やバラエティ番組である。この扱いの差はなんなんだろう。名前の読みまで同じなのに。

|

« 食べられない日々 | トップページ | 新型新幹線の試験車発表 »

ニュース」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/3234138

この記事へのトラックバック一覧です: 踊る阿呆に見る阿呆:

« 食べられない日々 | トップページ | 新型新幹線の試験車発表 »