« 高校野球応援団のレパートリー | トップページ | 定番対パターン破りの決勝 »

2005.04.04

ローマ法王の「冥福」?

 ローマ法王ヨハネ・パウロ2世が2日21時37分(現地時間)に亡くなった。おそらくは世界中のどの国の最高権力者より平和を愛した法王の死を、キリスト教圏に限らず多くの国の人々が悼んだ。

 で、ちょっと気になったのはニュース記事・ブログを問わず使われている「冥福を祈る」の一文である。先日の伯父の通夜で住職が行った法話を聞いていなかったら、おれも安易にこのフレーズを使ったことだろう。

 確かに手元の辞書で「冥福」を引いてみると「死後の幸福」とある(旺文社「国語辞典」。以下引用元は同じ)。冥福の「冥」とは冥土(仏教で言うところの「死者の魂が行く世界」)を意味し、「死者が行く暗黒の世界」とある。ローマカトリック教会の最高位にいた聖職者の魂が、死後そんなところに行くだろうか? クリスチャンならずとも「そんなはずはない」と言うのではないだろうか。

 前出の住職は浄土真宗の寺の人で、「浄土真宗では、死んだ人の魂は浄土へ還るという考え方をするのです」と話しておられた。仏教ひとつ取っても、宗派によっては「ご冥福をお祈りします」というフレーズを使わないのである。いわんやキリスト教においてをや。亡くなったヨハネ・パウロ2世は天に召されたのである。

 では今回のような場合にはどうやって哀悼の意を表したらいいのだろう? 敬虔なクリスチャンの方、この無学者にご教示下さい。こちらにも困っている方がいらっしゃいます。

|

« 高校野球応援団のレパートリー | トップページ | 定番対パターン破りの決勝 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/3562506

この記事へのトラックバック一覧です: ローマ法王の「冥福」?:

» 第264代ローマ教皇ヨハネ=パウロ二世逝去 [yurikamomeの徒然日記]
 第264代ローマ教皇ヨハネ=パウロ二世が逝去しました。現地時間4月2日午後9時37分(日本時間3日午前4時37分)でした。享年84歳でした。  本当は「... [続きを読む]

受信: 2005.04.04 23:26

» 「冥福」は祈らない [DOOM! DOOMER!! DOOMEST!?]
さっき、学生時代の友人からメールが届いた。 後数時間で誕生日を迎えるところだったご子息が他界されたとのこと。 生まれつき心臓に問題があり、入退院を繰り返していたことは聞い... [続きを読む]

受信: 2006.05.10 02:13

« 高校野球応援団のレパートリー | トップページ | 定番対パターン破りの決勝 »