« 怪獣一人語り・キングギドラの巻 | トップページ | 歌欲空回り »

2005.07.11

安物買いの銭失い

 先週末に、修理に出していたDVD/LDプレイヤーが戻ってきたので、「どれ、ネットで集めた動画をあのプレイヤーでも見られるようにしてみっか」と思いつき、実行に移すことにした。

 …とかいいつつ、実は思いついたのは今回が初めてではない。前回はオーサリングから書き込み用のソフトにSOURCENEXTPower Producer Personalを使ってみたのだが、こいつは書き込み段階で幾度となくコケまくり、何枚ものDVD-Rを無駄にすることになってしまった。それでも1枚は書き込みまで完走したのだが、何故か前出のプレイヤーでは再生できなかった(弟所有の4600円というバカ安のDVDプレイヤーでは再生できたのだが)。

 他に安価でまともに動作するオーサリングソフトはないか(とりあえずオーサリングさえできれば書き込むためのソフトはあるので)とネットを徘徊してみたら、DivXToDVDというフリーソフト(今のところ、らしいが)があることを発見。試してみるとちゃんと動作する。おお、大丈夫そうだ。続いてDVD-Rに書き込んでみる。これも一発で滞りなく完了。「なあんだ、無駄な金使っちゃったなあ」とか思いつつ、いそいそと例のプレイヤーで再生してみる…が、これまた再生できない。「プレイヤーがDVD-Rを認識できない」という可能性は、以前に再生できた実例があるのであり得ない。

 となると、DVD-Rのメディアとプレイヤーの相性が悪いのか? このとき使っていたのはTDKの超硬DVD-R VIDEOである。これ以外で信頼の置けそうなマクセルのDVD-Rを買ってきて書き込んでみたところ、今度はちゃんと再生できた。

 やれやれと思っていたら、約5分ごとに勝手にチャプターが設定されていることに気付いた(これはDivXToDVDの仕様らしい)。それに映像と音声がずれている物もある。PCでオーサリングされたファイルを再生してみると、ずれはこの段階で起きていた。

 さすがにここまでトラブルに見舞われると頭にも来る。おれは観念して、TMPGEnc DVD EASY PACK DVD作成入門セットを注文することにした。これでトラブルが完全に回避できるという保証はどこにもないのだが。

 まったくもって「安物買いの銭失い」というか「ただより高いものはない」というか、身につまされた今回の一件であった。

|

« 怪獣一人語り・キングギドラの巻 | トップページ | 歌欲空回り »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/4929202

この記事へのトラックバック一覧です: 安物買いの銭失い:

« 怪獣一人語り・キングギドラの巻 | トップページ | 歌欲空回り »