« へそくりの平均額は230万円? | トップページ | 安物買いの銭失い »

2005.07.07

怪獣一人語り・キングギドラの巻

 ゴジラシリーズは1954年から半世紀に渡って28作品が製作され、そのうちの26作品でゴジラは他の怪獣と闘っている。好きな怪獣、印象に残った怪獣は個人によって違ってくるだろうが、「ゴジラのライバル」というイメージで語られる怪獣と言えば、キングギドラを筆頭にあげる人が多いだろう。

 そのキングギドラの初登場は、第1作の「ゴジラ」からちょうど10年後にあたる1964年公開の「三大怪獣 地球最大の決戦」である。「モスラの巻」を読んだ人はお気付きになるだろうが、この年にはゴジラ映画が2本公開されている(もう1本は「モスラ対ゴジラ」)。これはこの年に開催された東京オリンピックにあやかったわけではなく(「地球最大の決戦」には多少の影響があったかも知れないが)、黒澤明監督の「赤ひげ」の製作が遅れて当初の公開予定に間に合わなくなったために「地球最大の決戦」が急遽製作されたという事情がある(手間のかかる怪獣映画を急遽作ってしまったというのも凄い話だ)。そのせいか、ゴジラの熱線には従来の合成による処理がほとんど行われず、水を霧状にしたものを熱線に見立てたりしている。

 モスラのときの例に倣ってキングギドラの登場作品をリストアップすると以下のようになる(下記の作品以外にTVシリーズ「流星人間ゾーン」(1973年放映)の第5話と第6話、「モスラ3 キングギドラ来襲」(1998年公開)にも登場している)。

  1. 1964年「三大怪獣 地球最大の決戦
  2. 1965年「怪獣大戦争
  3. 1968年「怪獣総進撃
  4. 1972年「地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン
  5. 1991年「ゴジラVSキングギドラ
  6. 2001年「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃

 初登場したときには「金星にあった高度な文明をわずか3日で滅ぼした」(金星での3日間が地球で言うところの約729日に相当する点には突っ込んではいけない)宇宙からの災厄を体現したかのような存在であったが、次の「怪獣大戦争」以降では一気に侵略者の手先の怪獣になりはててしまった。やられ役怪獣の悲しいサガとでも言うべきであろうか。

 さらに「怪獣総進撃」では、ただの恐竜にすぎないはずのゴロザウルスに背後から蹴りを入れられてからはゴジラ・アンギラス・ゴロザウルスの3頭に袋叩きにされ、あわれにも地上に骸を晒している。「ゴジラ対ガイガン」では情けなさに輪がかかり、新怪獣ガイガンの引き立て役にまで落ちぶれてしまう。

 「ゴジラVSキングギドラ」は、いわゆる「平成VSシリーズ」での最高傑作と推すファンも多いが、おれ個人としてはこの声には賛同しかねる。初めてゴジラとキングギドラがサシで対決しているのだが、落ち着いて考えるとストーリー展開上ゴジラとキングギドラが闘う必然性がまったくないことに気付く。製作者側も観客側も「ゴジラとキングギドラは闘うものだ」という先入観に支配されているせいで体よくごまかされているに過ぎないのだ。タイムトラベルというネタの処理に見事に失敗した例と言えよう。メカキングギドラもあまりかっこいいとは言えないものだったし。

 「大怪獣総攻撃」でのキングギドラは、本編中では作中に登場する「護國聖獣傳記」での呼称に倣い基本的に“魏怒羅”と呼ばれる。それまでになく凶悪で強いゴジラを強調するためか、サイズもゴジラより一回り小さく設定されている。従来とは逆に、キングギドラがゴジラの懐に突っ込んで闘うというシチュエーションが発生してしまったため、あろうことかスーツアクターが首の部分に腕を入れて動かす(要するに「レッドスネークカモン」状態)という着ぐるみも製作され、シーンによっては妙に首の短い不格好なキングギドラがスクリーンに現れることになった。また、クライマックスでのゴジラとの闘いが海中戦になってしまったために、本来の個性が十分発揮できなかったのも惜しまれる。

 なんだか書いているうちにグチっぽくなってきてしまったが、キングギドラは「ゴジラよりもさらに強い怪獣」であってほしい。一度原点に立ち返り「本能の赴くままに破壊の限りを尽くす宇宙からの脅威」としての、キングギドラ単体での映画が作られないものだろうか。本気になって作れば、現在公開中であるスティーブン・スピルバーグ監督の「宇宙戦争」も目じゃない物になると思うのだが。

|

« へそくりの平均額は230万円? | トップページ | 安物買いの銭失い »

映画・テレビ」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/4872375

この記事へのトラックバック一覧です: 怪獣一人語り・キングギドラの巻:

« へそくりの平均額は230万円? | トップページ | 安物買いの銭失い »