« ほんとに時代劇ですか? | トップページ | 日本の夏、高校野球の夏 »

2005.07.27

どこをどう間違えたら

 …と思わずにはいられないasahi.comのこの記事。事件そのものはありふれた(?)強盗なのだが、記事の見出しのおかげで、とてつもなく妙な事件になってしまったような気がする。いわゆる「B級ニュース」の香りが漂ってくるヘンな事件だ。

 犯人のおっさんは「言い訳をしようと思った」と供述しているが、その言い訳とやらがまた振るっている。

 「レジで1000円札と包丁を間違えて出したらブザーを鳴らされた」

 だから、どこをどう間違えたらお札と包丁を間違えるんだ。どうせ言い訳するなら、もうちょっともっともらしいのを考えなさいっての。25日に京浜急行の駅でつまらない動機から人を刺して重傷を負わせたおっさんも「護身用」と称して包丁を持ち歩いていたというが、いくら物騒なご時世とはいえ、日頃から包丁なんかを持ち歩いているような奴の神経はまともとは言えない。

 などというおれは、出かけるときのバッグのポケットにビクトリノックスのツールナイフ(トラベラーPD)を入れている。これを買った頃に見ていたアメリカのドラマ「冒険野郎マクガイバー」の影響をもろに受けたせいなのだが、以前いた職場で必要に駆られて取り出したら「それ、護身用に持ち歩いてんの?」と訊かれたものだ。失敬な。なにかと重宝するから(特にはさみとプラスドライバー)持ち歩いてるだけなのに。

|

« ほんとに時代劇ですか? | トップページ | 日本の夏、高校野球の夏 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/5174749

この記事へのトラックバック一覧です: どこをどう間違えたら:

« ほんとに時代劇ですか? | トップページ | 日本の夏、高校野球の夏 »