« 「日本沈没」再映画化 | トップページ | 怪獣一人語り・モスラの巻 »

2005.07.05

鍼灸治療初体験

 先週頭から続いている腰痛は一時期ほどではなくなったのだが、まだ痛みが残っている。そこで今日は思い切って鍼治療をお願いすることにした(鍼は保険の対象外)。先生には「1時間くらいかかるけど、いい?」と訊かれたが、別に時間に追われる生活を送っているわけでもないのでOKした。

 するといつもと違ってカーテンで囲まれたベッドへと案内された。ズボンのベルトをゆるめてうつぶせになると、なんと膝下のあたりまでズボンをおろされた。さすがにこれには驚いたが、なるほどこれではカーテンで隠すわけだと納得もした。

 そしていよいよ鍼が登場するのだが、ここから先は後ろが見えないので想像を交えながら書くことにする。おれの場合、患部は腰なのだが、鍼は意外に広範囲に打たれた。一番頭に近いところでは背中の真ん中あたり、それから尻の上あたり、さらに意外にも両膝の裏、もちろん患部のあたりにも。全部で10本前後は打たれただろうか。そうして打たれた鍼に電気で刺激が送られる。これは我慢できないほどの痛みではない。むしろすぐに慣れてしまった。これに加えて赤外線ヒーターのようなもので患部が温められる。この状態で時間が来るまでしばらくほったらかし。

 やがて先生がセットしたタイマーがジリジリと鳴って、これで終わりかと思ったらまだ先があった。先生は換気扇を回してなにやら準備している。そして「ちょっと熱いよー」などと言う。こういう時の「ちょっと」は、大抵の場合「かなり」と置換が可能である。そうこうしているうちに視界の一角を白い煙が流れていった。鍼だけだと思っていたら、第2段階は灸だった(後で聞いたところによると、直接モグサを乗せるようなものではないそうだが)。これは「ちょっと」のレベルを上回るくらい熱かった。

 これが終わってようやく解放されたのだが、家に帰ったところで、途中立ち寄ったコンビニにもらった湿布を忘れてきたことに気付いた。迂闊である。おれがどこかに置き忘れた湿布を見つけた店員さんはどう思ったやら。


7月6日追記:コンビニに忘れてきたと思っていた湿布はズボンのポケットから発見された。ますます迂闊である。

|

« 「日本沈没」再映画化 | トップページ | 怪獣一人語り・モスラの巻 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

 腰痛には、バランスボール(メーカーによってはエクササイズボールとも)で姿勢を矯正すると良いです。インナーマッスルもリラックス&適度に刺激されます。あと、不眠にもききます。ただ腹ばいになって何分間かブラブラするだけです。体の奥のほうの筋肉を適度に刺激するのが良いみたいです。

「バランスボールの良さに今まで気がつきませんでした。」
http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2005/06/post_eb49.html

「バランスボールでの気づきその2。(普段の椅子の座り方を変えました)」
http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2005/06/post_8518.html

書きました。よろしかったら、参考にしてください。

投稿: SOBA | 2005.07.06 01:11

コメントをいただいてから「バランスボールか、そういやウチにもそれっぽいものがあったなあ」と思って、それを購入した母に訊いてみたらやはりバランスボールでした。
現在押し入れに追いやられているようなので、発掘して試してみようと思います。ゴロゴロしているだけで姿勢がよくなって腰痛も取れるなら楽なものですものね。

投稿: ぶるない | 2005.07.06 08:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/4843310

この記事へのトラックバック一覧です: 鍼灸治療初体験:

« 「日本沈没」再映画化 | トップページ | 怪獣一人語り・モスラの巻 »