« 素直に喜べないTX開業日 | トップページ | 記録、それはいつも儚い »

2005.08.25

NHKで「萌え」を聞いた

 NHKのTVとラジオに「気になることば」というコーナーがある。「アナウンス室のことばおじさん」こと梅津正樹アナウンサーが、視聴者やリスナーから寄せられたり最近話題になっている言葉や言い回しについてコメントするもので、ラジオ(第1)が「ラジオほっとタイム」内で15時45分から、TV(総合)が「お元気ですか 日本列島」内で16時45分から、それぞれ放送されているが内容はほとんど同じ(TVでは必要に応じて字幕が出る程度)である。

 で、昨日のことである。当ブログで取り上げたとおり、昨日はつくばエクスプレスの開業日であった。この鉄道は茨城県つくば市と東京の秋葉原を結ぶものである。……といったあたりを話の枕として、梅津アナは「今日は秋葉原界隈でよく使われている言葉を取り上げてみたいと思います」と切り出した。「まさか…」と思ったおれの予想は見事に的中した。取り上げられたのは「萌え」だったのである。梅津アナは上記のプロフィールを見てもらえば分かるように、名実ともに「おじさん」である。そして声も真面目を音声化したような声をしている。その人の口から「萌え」などという言葉が発せられたのだから、思わず「うひゃあ」と驚きの声を上げても不思議ではあるまい(事実そうなった)。

 はてなダイアリーで「萌え」の項目には次のように解説されている。

  • コンテンツ上のキャラクター(漫画・アニメ・ゲームなどの登場人物やアイドルなど)への抽象的愛情表現。またはそれらの持つ外見または行動上の特徴への偏愛。
  • 主に幼女や美少女などといった、かわいらしいもの、いじらしいものを目にしたとき、心で判断するよりも早く、脊髄反射のような感覚で起こる、非常に原始的な感覚。魅了され、激しく心が動くこと。
  • 2004年流行語大賞ノミネート。

 梅津アナの解説もおおむね上記のようなところから始まったのだが、このごろはクルマやパソコンなどに対しても使われていると話していた。実際ネット上でもかなりの頻度で使われており、Googleで検索してみると100万件以上がヒットするからとんでもない(もちろんこの中には本義での「萌え」も含まれているだろうが)。

 問題は語源である。上記の意味合いで使われるようになったのは何に由来するのか。はてなダイアリーでも梅津アナの解説でも、アニメ「恐竜惑星」の主人公「鷺沢萌」(先年亡くなった作家の鷺沢萠とは何の接点も関係もない。念のため)に由来するという説と、アニメ版「美少女戦士セーラームーン」に登場した「土萠ほたる」(おれは見ていないのでシリーズのどれに出ていたのか知らない)に由来するという説、そして「燃え」の誤変換であるという説が紹介された。

 これらの説に真っ向から異議を唱える人も存在する(もちろん他の説もある)。川俣晶さんの「IT都市伝説」内のコンテンツにある「「萌え」という言葉は恐竜惑星のヒロイン鷺沢萌を語源とする」では、これらの説を否定した上で、

「萌え」を発明した人物が一人ではない可能性があると言うことです。また、発明者が特定できず、曖昧であるという可能性もあります。

 としており、「語源の探索は、絶望的に困難であるかも知れません」とも述べている。おそらくはネット界の永遠の謎となるのであろう。

 ちなみに「萌」の字が人名用として使用できるようになったのは1981年のことだそうである。

9月27日追記:NHKのサイトの方にこのトピックで取り上げた内容が反映されていた。それはいいのだが、「梅津さん萌え~(*^0^*)」という気色の悪いタイトルはどうにかならなかったのだろうか。

10月16日追記:10月の番組改編で「気になることば」のラジオでの放送はなくなり、テレビのみ(放送時間は15時40分頃から)となった。内容的に音声だけでは伝わりにくい内容も含んでいたから仕方ないとはいえ、ちょっと残念である。

|

« 素直に喜べないTX開業日 | トップページ | 記録、それはいつも儚い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ぶるないへ
須賀です。おじゃまします。

「萌え」。
いろいろ騒がれましたね。
Googleの「もしかして機能」のせいで、「燃える」でググったら、「もしかして 萌える」って表示されたこともあったり。

あーあ。
NHKもついに萌えましたか。

ではまた/

投稿: 須賀 | 2005.08.28 20:28

Googleの「もしかして機能」については、「Googleよ、お前もか」という感じですねえ。

記事のタイトルにも書いたとおり、おれは今回の件に関してはラジオで聞きました。梅津アナが「萌え」の話を切り出したときにはもちろんのけぞるほど驚きましたが、パーソナリティの女性アナウンサーが「『萌えー』という使い方もされるようですね」とコメントしたときには、どう反応していいものやら困ってしまいました。
それにしても一コーナーとはいえ、NHKが「萌え」について言及するとは「時代も変わったもんだなあ」などと思います。

投稿: ぶるない | 2005.08.29 13:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/5638090

この記事へのトラックバック一覧です: NHKで「萌え」を聞いた:

« 素直に喜べないTX開業日 | トップページ | 記録、それはいつも儚い »