« 落ちる雷 | トップページ | 明徳義塾の出場辞退に思うこと »

2005.08.02

プロ野球プレーオフ考

 昨シーズン行われたパ・リーグのプレーオフにはなんか釈然としないものがあった。ペナントレースで135試合戦った段階で、ダイエー(当時)は2位に4.5ゲーム差を付けていた。それなのにプレーオフを制した2位の西武がパ・リーグの優勝チームとして日本シリーズに進んだ。これがもし3位だった日本ハムが優勝ということになっていたら、もっと釈然としなかったろう。

 そのプレーオフが、早ければ来シーズンからセ・リーグでも導入されるかも知れない(ZAKZAK)という。ただし、導入が検討されている方式は、現行のパ・リーグの方式とは違い、まだ納得のいくものである。

 セのプレーオフ実施は、7月4日のセ理事会で横浜が提案した。横浜案では、セとパを前後期制とし、それぞれ前後期の覇者に、それ以外のチームの中で通年最高勝率のチームを加えた計3チームでプレーオフを行い、最終的にリーグ王者となったチームが日本シリーズに進出するもの。

 なんでパ・リーグは最初からこの方式を採用しなかったのか、と言いたくなるような案である。かつてパ・リーグが導入していたプレーオフ制度に若干の修正を加えたものと言えるかも知れない。この方式であれば「あのペナントレースの135試合はなんだったんだ?」という疑問は多少なりとも解消されるはずである。

 先のZAKZAKの記事によると、パ・リーグが昨シーズンからのプレーオフ制度導入に当たっては、自称「球界の盟主」のバカオーナー(当時)が例によって暴言を吐いている。相変わらずの自己中心的発言ではあったものの、あのバカオーナーにしては珍しく正論に近いものではあったが。

 いずれにせよ「プレーオフ」と銘打つ以上は、同格の相手同士が対戦するものであるべきだと思う。現行のパ・リーグの制度では、場合によっては首位から10ゲーム以上離されていたチームがリーグ制覇をしてしまう可能性がある。それは同格とは言えないだろう。

 どうせセ・リーグもプレーオフ制度を導入するのであれば、パ・リーグも上記の横浜案を受け入れてみてはどうだろうか。ソフトバンクの王監督も「日本一を争うところに出る仕組みが、同じでないのはおかしい。セもパも同じにすべき」とコメントしていることだし。

|

« 落ちる雷 | トップページ | 明徳義塾の出場辞退に思うこと »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/5274180

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球プレーオフ考:

» セ・リーグ理事会でプレーオフ導入を検討したそうな。 [創難駄クリキンディーズ2004福岡]
当ブログでは、セ・リーグのプレーオフ導入検討について、以前イロイロと書きました。 簡単に言ってしまえば、プレーオフというのは、スポーツに関わる者にとって非常に大切で崇高なる”グッドルーザーになる権利”を奪うものなので、やっちゃイカン!ということと、そんなことより現行のセ・パ2リーグ制を廃して、Jリーグもそうですけど世界のサッカーリーグの標準形である上下2リーグや上下3リーグ制というのをやるほうが良いだろう、って話です。 ... [続きを読む]

受信: 2005.08.02 09:10

» セリーグもプレーオフ検討 [ひとりの独り言]
セ・リーグもプレーオフ導入へ (スポーツニッポン) - goo ニュース 今後のプロ野球が大きく変わろうとしている。 セ・リーグは、1日に6球団の代表が集まるリーグ理事会で、早ければ来季からのプレーオフ導入を目指すことになった。 内容については、リーグ戦を前期・後期に分ける。東西3チームずつの地区制を敷く等の案が出ており、各勝率1位チームにそれ以外の条件を満たしたチームを加える方式も挙がっている。 また... [続きを読む]

受信: 2005.08.02 14:30

« 落ちる雷 | トップページ | 明徳義塾の出場辞退に思うこと »