« ミラーマン再誕 | トップページ | NHKで「萌え」を聞いた »

2005.08.24

素直に喜べないTX開業日

 今日はつくばエクスプレス(以下TX)の開業日である。茨城県内の鉄道路線開業は1985年3月の鹿島臨海鉄道の水戸乗り入れ以来のことであり、今年は4月に日立電鉄線が廃止されたこともあって、話題性は十分すぎるほどある。全国版のニュースでも結構大きく取り上げられ、今朝の朝刊には「これでもか」と言わんばかりに全面広告が踊った(それにしたって某家電チェーン関連店の「8.24アキバに誕生、オタクの聖地!!」というコピーはイタすぎ)。

 せっかくの新規鉄道路線の開業なのだが、おれはつくば駅や秋葉原駅に詰めかけた人々のように素直に喜べないでいる。あまり自分と縁がなさそうというのも理由のひとつではあるが、もっと大きな理由は命名者のセンスを疑いたくなる駅名の数々にある。TXは第3セクターの鉄道であるから、「地元自治体の意向」というやつが少なからず介入してくるのであるが、得てしてこの手の「意向」というものは打算丸出しで、ろくなものがない。仮称から正式名称に変更になった駅は20駅のうちの半分に当たる10駅で、以下の通り(矢印左側が仮称、右側が正式名称)。

東京都

  • 元浅草 → 新御徒町
  • 新浅草 → 浅草

千葉県

  • 流山運動公園 → 流山セントラルパーク
  • 流山新市街地 → 流山おおたかの森
  • 柏北部中央 → 柏の葉キャンパス
  • 柏北部東 → 柏たなか

茨城県

  • 伊奈谷和原 → みらい平
  • 萱丸 → みどりの
  • 島名 → 万博記念公園
  • 葛城 → 研究学園

 浅草は駅名こそ同じだが、東京メトロ銀座線・都営浅草線・東武伊勢崎線のどの駅からも距離的に離れている。千葉・茨城の両県の駅名に関しては何をか言わんやである。特に茨城のセンスはひどすぎる。伊奈町と谷和原村は来年3月27日に合併して「つくばみらい市」という、これまたひどいセンスの名前の市になる。せめて駅名に旧地名を残そうという意気がないのが嘆かわしい(十王町が合併に際して川尻駅を十王駅に改称した例を見習え)。これで地元住民になじんでもらおうと考えているらしいから、お役所の意向というやつは分からない。

 そのTXは、今朝方さっそく北千住駅で約30メートルオーバーランするトラブルを起こしている(Sankei Web)。運転士が満員の乗客を乗せての運転に不慣れであったせいもあるだろう。福知山線の脱線事故以降、マスコミはオーバーランに敏感だ。気をつけてほしいものである。

追記:今日の茨城放送、特に午前中の番組の舞い上がりっぷりは聞いていて頭が痛くなった。15分おきくらいで「つくばエクスプレス」って言葉が出てくるんだものなあ。浮かれる気持ちも分からんではないが、もうちょっと落ち着いて放送してくれ、頼むから。

|

« ミラーマン再誕 | トップページ | NHKで「萌え」を聞いた »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/5621117

この記事へのトラックバック一覧です: 素直に喜べないTX開業日:

« ミラーマン再誕 | トップページ | NHKで「萌え」を聞いた »