« 噂の恐怖 | トップページ | よみがえったガイキング »

2005.09.02

巨人戦中継、都落ち

 とかく今シーズンはプロ野球中継の視聴率低迷が話題になる。セ・パ交流戦の頃には瞬間最大風速的に盛り返しはしたものの、巨人が弱いせいなのか総じて視聴率は低空飛行である。

 そして今朝、朝刊のテレビ欄を見たおれは驚いた。フジテレビで中継される広島×巨人戦の放送開始時間が午前1時35分。リーグの6位と5位の試合、スポーツニュースで試合結果は分かっているはずの時間、当然放送内容は録画。明日は休みの人が多いであろうことを差し引いても、いったい誰がこんなものを見るというのだろう。編成局側が「もうやる気ありましぇ~ん」と言わんばかりの処置と言うべきか。「とうとう巨人戦中継もここまで落ちぶれたか」と切実に思う。フジテレビは先月31日に「試合が予定時間より伸びても放送延長をしない」と発表した(YOMIURI ONLINE)ばかりなのに、いきなりこれである。

 ゴールデンタイムから深夜枠への格下げという今回の処置を見ると、落ち目になってきた頃のプロレス中継を思い出す。週に何本かあったゴールデンタイムのプロレス中継は人気の低下に伴って他のジャンルの番組に乗っ取られて深夜枠に移り、大した注目を浴びることもなくひっそりと終わっていったものだ。

 もっとも、プロ野球人気そのものが落ちてきているとはおれは思わない。どの局も「巨人戦なら視聴率が稼げる」という安易な思考のツケが回ってきただけなのではなかろうか。どういうシステムで放送スケジュールが割り振られているのかは知らないのだが、いい加減「うちの局はヤクルト戦中心に中継します」みたいな在京キー局があってもいいのではないかと思う(フジ系列がこの例に近いのだが。親会社だった時期もあったし)。

 今季はいかなるテコ入れをしても視聴率を挽回することはできないだろうが、来季どうなるかでプロ野球人気が本当に落ちてきているかどうかが分かってくるのではなかろうか。巨人が強いか弱いかは抜きにして。

|

« 噂の恐怖 | トップページ | よみがえったガイキング »

スポーツ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/5756025

この記事へのトラックバック一覧です: 巨人戦中継、都落ち:

« 噂の恐怖 | トップページ | よみがえったガイキング »