« 21分繰り下げ | トップページ | 愛すべき大バカヤローたち »

2005.10.25

ふるさと地球を去る

 俳優の根上淳さんが亡くなった。享年82。

 おれと同年代の人たちにとっての根上さんというと、「帰ってきたウルトラマン」の伊吹竜隊長のイメージが強いのではないだろうか。伊吹隊長を演じていた当時には、根上さんはすでに「大映のスター」という確固たる地位を築いていたのであるが、そんなことは知る由もない子供心には「怖い顔の隊長だなあ」という第一印象があった。もちろん単に怖いだけの隊長ではなかったのだが。

 このトピックを書くにあたり、弟が集めている「帰ってきたウルトラマン」のDVDでのインタビュー(VOL.12のブックレットに収録)を読み返してみた。伊吹隊長の隊員服にのみ細いラインが1本追加されるに至った経緯、ロケで飲みに出かけた隊員たちを心配して夜中の2時ごろまで起きて待っていたという人間味あふれるエピソード、役作りに当たっての意識などが語られていて、改めて読んでも興味を引かれる内容であった。

 訃報に驚き、思わず「帰ってきたウルトラマン総音楽集」を引っぱりだして「ワンダバ」を聴いた。勇壮な曲なのに、2回目にヘッドホンをかぶって大音量で聴いたら目に涙が浮かんだ。

 タイトルに拝借したエピソードは伊吹隊長メインのものではないのだが、訃報を知って真っ先に浮かんだものだったのでそのまま使うことにした。伊吹隊長はうつせみの世での任務を終えられたのだ――そんな想いを込めて。

 隊長、一足先にあちら側に転任された方々と、心ゆくまでご歓談ください。

|

« 21分繰り下げ | トップページ | 愛すべき大バカヤローたち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/6581383

この記事へのトラックバック一覧です: ふるさと地球を去る:

« 21分繰り下げ | トップページ | 愛すべき大バカヤローたち »