« あほらしい「スキウタ」 | トップページ | ヤマタケさんの訃報 »

2005.11.23

「Destination」を聴く

 FictionJunction YUUKAのファーストアルバム「Destination」を聴いた。1曲目の『I'm here』、タイトルナンバーの『destination』、その筋(って、どんな筋だ?)には「ヤンマーニ」コーラスでおなじみで中毒性の高い『nowhere』(やっぱりあのコーラスは「ヤンマーニ」以外に聞こえません)と、どちらかというとクールな印象の曲が序盤に固まった構成になっているのがちょっと意外ではあった。そのあとには、アニメはともかく曲そのものは掛け値なしで名曲の『暁の車』をはさんで、以降は柔らかな印象の曲が続いていく。

 全体の構成としてはちょうど真ん中に入っている『聖夜』は、リリース時期を考慮して入れたクリスマス物かと思っていたのだが、作者本人によるライナーを読んでみると、曲自体は以前に作られていたということで、これまた意表を突かれた感がある。おれ自身はクリスチャンではないし、クリスマスに対する思い入れは一般的日本人よりはるかに少ないのだが、この種の曲を聞いているとなんとなく優しい気持ちになるから不思議だ(同様のことは「メリークリスマス」というフレーズにも言える)。

 作品イメージとしては「ヤンマーニ」の印象の強い「MADLAX」で、『瞳の欠片』をOPに採用するのはある種冒険だったのではなかろうか。絵を見ずにこの曲だけを聞いて、作品の舞台が内戦の国であると誰が連想できるだろう? まあ確かにこのユニットのカラーが一番出ている曲ではあると思う。

 このアルバムに限ったことではないが、梶浦由記作の曲でタイトルが英語(「NOIR」ではフランス語だったか)のものでは表記が小文字だけなのには何か理由があるのだろうか? ちょっと気になる。

 あーあとですね、公式サイトの方で「VocalにYUUKAさんをフューチャリングしたこのプロジェクト」という記述がありますが、それを言うなら「フーチャリング」じゃなくて「フーチャリング」ですよ、梶浦さん(『暁の車』発表時のユニット名は「FictionJunction featuring YUUKA」だったし)。更に細かく突っ込んじゃうと、「フィーチャリングした」よりは「フィーチャーした」の方が本来の使い方なのではないかと……。

|

« あほらしい「スキウタ」 | トップページ | ヤマタケさんの訃報 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/7288475

この記事へのトラックバック一覧です: 「Destination」を聴く:

« あほらしい「スキウタ」 | トップページ | ヤマタケさんの訃報 »