« ヤマタケさんの訃報 | トップページ | お前は間違っているはずなんだ! »

2005.11.30

アニメソングのリアレンジに関する一考察

 既存のアニメソングをリアレンジしての再利用というパターンが増えている。狩人さんのトピックにもあるが、ここ数年に限っても、これだけのものが再度の映像化に際してアレンジを変えて使われている(これでもすべてではない)。狩人さんのトピックに挙がっている中で一番再利用されているのは「キューティーハニー」であろうと思われる。これまで4度アニメ化されているが、ここまで徹底して同じ詞と曲(作詞:クロード・Q、作曲:渡辺岳夫)が使われている例はないのではなかろうか。いい機会なので、順を追って聞き比べてみよう(文中敬称略)。

 まずオリジナルに当たる1973年放映の「キューティーハニー」。編曲は小谷充、ボーカルは前川陽子。当時のアニメソングの作りとしては特に奇をてらった作りはしていない。むしろ特筆すべきはボーカルで、わずか2分強という短い演奏時間内で「かっこよさ」と「色っぽさ」がめまぐるしく入れ替わり、それでいて不自然さをまったく感じさせない(同様のことはは翌年放映の「魔女っ子メグちゃん」にも言える)。ちなみにハニー役は増山江威子。

 時代はずっと下って、次に製作されたのは1994年にOVAで発売された「新キューティーハニー」。編曲とボーカルはles 5-4-3-2-1(これ、なんと読むのだろう?)。イントロでのおなじみのフレーズにギターを使用していたりと、アレンジはロック寄り。間奏のギターソロがなんか不思議。構成上3番をカットして、1番のサビを繰り返して曲は終わる。曲の終りに入る、いかにも「サンプリングしてみました」な「かわるわよ!」のリフレインは少々くどい。翌年発表された第2期シリーズでは歌詞が英語になり、アレンジも変更されたものが使用されている。ハニー役は根谷美智子。

 1997年には、ロングヒットとなった「美少女戦士セーラームーン」シリーズの後番組として「キューティーハニーF」が放映された。Fは「フラッシュ」と読むが、間違ってもゼーバーなんて武器は使わない(当たり前だ)。編曲は亀山耕一郎、ボーカルはSALIA。この両名は後年スーパー戦隊シリーズの楽曲にも関わっている。ほぼ全体にわたってホーンセクションが鳴りまくるにぎやかなアレンジ。作品自体の方向性もあってか、お色気はかなり抑えめ。3番の部分はばっさりカットされているので演奏時間は2分を切る短さ。ハニー役は永野愛。

 2004年には庵野秀明監督による実写版「キューティーハニー」が劇場公開され、その後を受ける形でOVAの「Re:キューティーハニー」が製作されている。OPには劇場版と同じ曲が使用されており、編曲はh-wonder、ボーカルは倖田來未。よく言えば「今風」、悪く言えば昔気質のアニメソングファンには不評の「タイアップ風」とも解釈できるアレンジ。曲にお色気の要素はほとんどなく(締めの「かわるわよ!」もない)、ボーカリストはビジュアルイメージで選ばれたのではないかと勘繰ってしまうのだが、そこのところどうなのだろう? アレンジャーが同じせいか、曲の終り方は「FINAL FANTASY X-2」の「real Emotion」にそっくり。ハニー役は堀江由衣。DVD-BOXには以上4人のハニー役が一堂に会するドラマCDが収録されて話題になった。

 「歌は世に連れ」なんて言葉があるが、やはり年代を追ってまとめて聞いてみると、作風の違いが曲にも反映されているように思える(倖田版はその点いささか微妙だが)。この曲は知名度の高さゆえに数える気が起きないほど多くの歌手がカバーしているが、小谷・前川コンビのもの以上に永井豪の原作のエッセンスが凝縮されたバージョンは、今後も現れてこないのではあるまいか。

|

« ヤマタケさんの訃報 | トップページ | お前は間違っているはずなんだ! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

トラバどもです・(^^) リアレンジで許せるのは個人的には「鉄人28号」の六本木男声合唱団バージョンのレベルでしょうか(歌唱力はともかく・笑)。私が古い人間になってしまってるからかもしれませんが、リメイク版は軽い(薄いとも言うか)演奏の曲がほとんどでまいっちんぐ。(^^;

投稿: 狩人 | 2005.12.01 01:12

またずいぶんと許容範囲が狭いですなあ。まあ、そのあたりは個人の主観の話になってくるので深く突っ込むのはやめておきます。
近年のリアレンジ版が軽く聞こえてしまうのは、人間が演奏しておらず「この伴奏は全部打ち込みでぇす」な曲が増えたことも影響しているかも知れません。そりゃ全部シンセサイザーの打ち込みにすればミュージシャンの人件費は抑えられるでしょうが、そうなるとかえって安っぽく聞こえてしまうんですよね。あるいは信頼の置けるミュージシャンがいないんでしょうか?
あのう、本文とは関係ないんですが、いくらなんでも「まいっちんぐ」は死語ではないかと(苦笑)。

投稿: ぶるない | 2005.12.01 08:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/7388203

この記事へのトラックバック一覧です: アニメソングのリアレンジに関する一考察:

« ヤマタケさんの訃報 | トップページ | お前は間違っているはずなんだ! »