« ゴジラは死なず | トップページ | ひさしぶりのカウンセリング »

2006.02.12

コカ・コーラVSペプシコーラ

 先日ブログを開設した高橋“ボウケンレッド”光臣さんのブログで話題になっていた「ペプシとコーラならどっち派」で思い出したのが、昔ペプシがうった「ペプシ目隠しチャレンジ」というCM。

 被験者(?)に分からないように置かれたふたつのコーラを飲み比べてもらい、「どちらがおいしいか」訊いたところ45%がペプシを選んだ、というあれだ。当時あのCMを見た連中は、口をそろえて「残りの55%はコカ・コーラを選んだんじゃねえか」とツッコミを入れたものである(シェアを考慮すれば立派な数字ではあるのだが)。被験者が、自分の選んだのがペプシと分かった瞬間に「信じられない」といった感じのコメントをしていたのもずいぶん失笑を買ったものだ。

 ご多分に漏れず、おれも友人連中と実際に飲み比べをやった口である。両方飲んでみるとペプシの方が甘かった記憶がある。「どっちがいい?」と訊かれたら、おれもブランドイメージ抜きでコカ・コーラの方を選ぶ。甘さがくどいのはどうも苦手なので(茨城県人には愛好者が多いと言われるマックスコーヒーも苦手)。

 単に「コーラ」と言えば、今の日本人にとってはコカ・コーラの代名詞なのであろうが、かつては他のメーカーからもコーラが出ていたものである(「カフェイン含有量が従来比2倍のコーラ」とか)。最近はコーラ自体あまり飲まなくなったのでよく知らないのだが、現在コカ・コーラとペプシコーラ以外にコーラを販売している飲料品メーカーはどのくらいあるのだろうか?

|

« ゴジラは死なず | トップページ | ひさしぶりのカウンセリング »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

どもっ。(^^)
ありましたね、そんな対決図式のコーラのCMが。でもうちらがこどもの頃ってペプシも勢力大きくなかった? あと炭酸系はミリンダとスプライトと三ツ矢サイダーにお米屋さんでも売ってたタケダのプラッシー(笑)。CMで記憶にあるのは小林克也のDJ風な「チェリーコーク」とビートたけしの「ジョルトコーラ」かな。ジョルトはカフェイン2倍が宣伝文句だったような。(^^; ちなみに私はマックスはたまに飲みたくなるクチです(笑)。

投稿: 狩人 | 2006.02.17 03:32

「目隠しチャレンジ」をやった頃は、もうペプシのシェアはだいぶ押されていたと記憶しています。その後更に押し込まれて、日本ではタブーの比較広告をやって怒られたりしたわけですが。
「チェリーコーク」の発売元はコカ・コーラだったような。味がまんま「ドクターペッパー」だったので、飲んで「うへー」と感じたのを憶えています(ドクターペッパー愛好家の狩人さんには申し訳ないですけど)。
なんかこのところ日常のテンションが下がり気味です。コーラ飲んだら少しは上がりますかねえ。

投稿: ぶるない | 2006.02.17 06:14

コーラ飲んでテンション上がったらそれはそれで怖いような(笑)。えー、ドクターペッパー美味しいじゃん。(^^; 個人的には「ミリンダ」のストロベリー味を再び飲んでみたい・・・ストロベリー味って今ほとんどないけど香料や着色料の関係かなぁー。

投稿: 狩人 | 2006.02.18 02:16

いや、カフェインも入ってるから少しはテンションも上がるかと思って(「なら最初からコーヒーを飲め」とツッコミが入りそうですが)。ネタがないわけではないんですが、なんか今ひとつ書くレベルまでテンションが持っていけないんですよ。
我々の少年時代にはキワモノ的な清涼飲料で「あれはマズかった」とかってのがよく話題に上ったものですが、最近ではあまりこの種の話題って聞かないような気がしますね。メーカー側が守りに入ってるんですかねえ。

投稿: ぶるない | 2006.02.18 06:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/8615290

この記事へのトラックバック一覧です: コカ・コーラVSペプシコーラ:

« ゴジラは死なず | トップページ | ひさしぶりのカウンセリング »