« スーパーでワイドビューな特急列車 | トップページ | 国際大会なのに »

2006.03.15

時刻表4月号を買って

 週末に控えたJRダイヤ改正に備えて、新しい時刻表を買ってきた。おれは以前はJTB派だったのだが、世紀の変わり目の頃を境にJR時刻表に乗り換えた。こちらの方が情報量が多いし、なによりJTBの「グッたいむ」掲載ページ減が痛い。

 さしあたって最初のページから眺めていく。まず「主な改正概要」ということで「今回のダイヤ改正でこんなに便利になるんですよ」といった項目が紹介されている。客車出雲や急行かすがの廃止は主なものじゃないんですかそうですか。

 ちょっとページをめくったあたりで「アンパンマン列車」の紹介ページに行き当たる。今ではこんなに多くの種類が走ってるのか、アンパンマン列車。予讃線だけで11種類。なんだか頭が痛い。

 カラーの広告ページを読み飛ばして、索引地図など眺めてみる。越美北線や高山本線にはまだ不通区間があるんだなあ(前者は2004年7月の福井豪雨、後者は同年10月の台風23号のため)、と天災の爪痕を感じながらもうちょっと先に進むと「北海道ちほく高原鉄道は4月20日までの営業です」の一文。また鉄路が路線図から消えるのかと思うとまた寂しくなる。

 特急運転系統図から「サンライズでない出雲」が消えているのを再確認して、さらにページをたぐる。主要駅の案内図で多色刷りのページが終わって、二色刷りの広告……ここでページをめくる手が止まった。最初のページが東横インじゃない。「ない、助けてくれ――!」(一部特撮ファンしか分からんネタで申し訳ない)

 偽装工事と、それに関する社長のコメントで世間からの不評を買いまくったのが1月の終り頃のことだった。自社のサイトに噴飯ものの謝罪文を掲載したのを見て、かりんとさんのブログでこうなることを予測したコメントをしたのだが、とうとう現実のものになったか、という感がある。単に契約期間が切れただけなのかもしれないが、あれだけバッシングを浴びたら、いつまでも広告ページの一等席を独占してはいられないだろう。

 そんな悲喜こもごもをかかえた新しい時刻表の出番ももうすぐである。

|

« スーパーでワイドビューな特急列車 | トップページ | 国際大会なのに »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

細木さんこんばんは・・・ウソです(笑)。
以前の日記にトラバ来たから何かなぁーと思いましたよ。(^^;
アンパンマン列車、増えてるんですねぇー。それなら駅アナウンスや
車内アナウンスも戸田恵子さんや中尾隆聖さんにしてもらえると
良いかもしれません。(^^) 東横インはまだ社長交代していないんですかね。余計なことして改装に出費してるから広告費までお金が回らなくなってしまったのではと邪推。(^^; あー、ぷらっと一番北か一番南の地にでも行きたいなぁー。

投稿: 狩人 | 2006.03.16 02:03

細木でございまーす(それ、キャラが違うから)。
ちょっと調べてみると、アンパンマン列車は車内チャイムが「アンパンマンのマーチ」になっている程度のようです。名前はともかく、曲がりなりにも特急列車ですから自動放送にするわけにも行かないのかも知れません(あるいは単にJR四国にカネがないから、とか)。
ちなみにJR東日本の仙石線ではロボコンや009がラッピングされた「マンガッタンライナー」という列車が運行されており、この列車ではロボコン(山本圭子さんの方)の声での自動放送が行われています。

北も南も、「ぷらっと」行くにはちょっと遠いですねえ。出かけるにあたり困ったら連絡ください。袖の下なしで相談に乗りますよ。
おれも近場でいいから乗り鉄したかとです。カネがなかとです。

なお、東横イン社長の首はまだすげ替えられてはいないようです。

投稿: ぶるない | 2006.03.16 07:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/9108561

この記事へのトラックバック一覧です: 時刻表4月号を買って:

« スーパーでワイドビューな特急列車 | トップページ | 国際大会なのに »