« ネッシーの珍説 | トップページ | Be quiet! »

2006.03.08

おえんわ、こりゃ…

 「おえん」は岡山弁で「いけない」とか「だめ」という意味だそうだ。岡山の方、用法が間違ってたらごめんなさい。なんで茨城県人のおれが岡山弁をタイトルに持ってきたのかと言えば、それはひとえに「よみがえる空」の影響を受けてしまったせいである。これの第1話冒頭で主人公の内田一宏が読んでいた本、サン=テグジュペリの「人間の土地」(訳:堀口大學)を実際に読んでみたのだが…。

 その感想が一言、「おえん」である。時代背景の違いのせいなのか、日頃縁のない飛行機乗りのエピソードというのはどうにもピンとこない。正直なところ、「読んだ」とは言い難い。活字を目で追っていただけで、内容がちーっとも頭に入ってこなかった。寝る前に眠剤を飲んでいるせいもあるとは思うが、気が付いたら朝になっていて、枕元にしおりの挟まれていない本が置かれているという状況が何度あったことか。内田はこの本(文庫本ではなく単行本である)を高校卒業時にプレゼントされているのだが、本当に読んでいたのか疑問にすら思った。なにせ贈り主は相当の読書家であるし。

 おれが読んだのは新潮文庫版で、表紙のイラストと解説を宮崎駿が書いている。宮崎アニメはどうも肌に合わないので見ていないが、「紅の豚」なんぞはサン=テグジュペリの影響が大きいのだろうな。

|

« ネッシーの珍説 | トップページ | Be quiet! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/9008202

この記事へのトラックバック一覧です: おえんわ、こりゃ…:

« ネッシーの珍説 | トップページ | Be quiet! »