« 国際大会なのに | トップページ | さらば地球よ »

2006.03.20

私物とウイルスと流出のワルツ

 このところニュースサイトの見出しを眺めていて、「流出」の2文字を見ない日がない。海上自衛隊の機密データに始まって、陸自で流出、空自でも流出、さらに警察でも流出。あまりにも杜撰なデータ管理状況にキレた官房長官が「みんなWinny使わんといてえな」という要請(asahi.com)まで出す始末。こまめに情報を集めているネットワーカーは「今ごろになって何を言っとるんだ」と思っているのではあるまいか。

 それにしても官房長官の要請は「Winnyさえ使わなければ情報は漏れない」という勘違いをしていると思われるから始末に負えない。問題はファイル交換ソフト使用の有無ではなく、むしろ「秘扱いデータを私物のパソコンで扱っている」ということではあるまいか。往々にして、こういうことをしている輩に限って「オレは他のやつらと違ってパソコンのセキュリティは万全だぜ」と思いこんでいたりする(そのくせ、ウイルス対策ソフトを入れていてもウイルス定義データを更新していなかったり、肝心のセキュリティソフトをオフにして使っていたりとマヌケな使い方をしている)。

 メールマガジンを発行しているWeekly Mag2ではこう呼びかけている。

1)個人情報や機密情報の入っているパソコンに、Winnyを導入しない。
2)W32/Antinny 等への感染を防止するため、不審なファイルは開かない。
3)ウイルス対策ソフトで、W32/Antinny 等のウイルスへの感染を防ぐ。
4)職場のパソコンを、外部に持ち出さない(持ち出しを禁止する)。
5)職場のネットワークに私有のパソコンを接続しない(接続を禁止する)。
                           ・・・・・など

 Weekly Mag2では「Winny を利用していないか、W32/Antinny に感染していないなら、パソコン内の情報が漏えいするという最悪の事態は起こりません。」としているが、これもまた大間違いで、Winnyを介さなくても内部データをリークするウイルスが存在する(asahi.com)。

 前出の記事で情報処理推進機構の研究員がしているコメントを思いっきり要約すると、「君子危うきに近寄らず」ということになるのではないだろうか。明日は我が身、つるかめつるかめ。

|

« 国際大会なのに | トップページ | さらば地球よ »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

問題はファイル交換ソフト使用の有無ではなく、むしろ「秘扱いデータを私物のパソコンで扱っている」ということではある、という意見に強く同意します。

加えて言うなら、『部下が無断でデータの持ち出しを行っている事を上司が把握していない』事に大きな問題があると思います。

最近は、漏洩者の行為そのものを批判し、上司の管理不行き届きについては触れない傾向が強くなっている気がします。

投稿: まちゃ | 2006.03.21 02:16

まちゃさん、コメントありがとうございます。
一連の機密漏洩事件に限って言えば、むしろ「『監督すべき立場の人間』が公私の区別を付けていない」ことが多いようです。
それどころか、官房長官の異例の要請でWinnyの存在を知ってしまった上司が、部下に導入方法を尋ねるケースも出ているようなので始末に負えません(まさにヤブヘビ)。こういうバカな上司を持ってしまった不運な方々には心から同情いたします。
こうなってくると誰が監督したらいいものやら、さっぱり分かりませんね。

投稿: ぶるない | 2006.03.21 08:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/9178493

この記事へのトラックバック一覧です: 私物とウイルスと流出のワルツ:

« 国際大会なのに | トップページ | さらば地球よ »