« 水郡線のデザイン公募 | トップページ | 「今日は一日『アニソン』三昧」にいらつく »

2006.05.03

BSアニメ夜話・ヤッターマンの巻

 昨晩放送の「BSアニメ夜話」、お題は『ヤッターマン』であった。お題がお題だったので思わず見てしまったが、正直なところ山本正之がゲストで出ていなかったら最後までは見ていられなかっただろう。番組の構成からして、この作品をどう扱ったらいいものか持て余しているのがありありと窺えたし、なによりも松村邦洋の発言がことごとく滑りまくっていたのが痛すぎた。そもそも、いい年こいたオトナが公共の電波を使って「ヤッターマン」を論じること自体がなんかおかしいような気がして仕方がない(語り口は終始居酒屋での飲み会みたいであったが)。

 それでは「お前には思い入れがないのか?」と問われれば、もちろんそんなことはない。番組自体はリアルタイムで見ていた。ただ、後半になってゾロメカ同士が小芝居をやるようになってからは子供心にだいぶ引いた覚えがある。シリーズ当初のようにヤッターマンが一方的にドロンボーをやっつける展開は楽しんでいたのだが、ゾロメカの団体戦に負けたドロンボー一味が悪あがきのひとつもせずに(その後にはこわーいお仕置きが待っているというのに)潔く自爆してしまうのはいかがなものか。

 この「ヤッターマン」に限らず、「タイムボカンシリーズ」において本当に人気があり実質的に主役であったのは、やはり「三悪」であろう。一貫してキャストが不動であったことが何よりの証拠である。

 そういや以前オフ会で「天才ドロンボー」を鼻眼鏡着用でボヤッキーのパートを歌うという見削りなマネをしたっけ…(あれはでかい鼻の部分のプラスチック臭がきつくて閉口した)。あれ、写真が家のどこかにあるはずなんだよなあ。探してみたいような、見つかったらのけぞるほど恥ずかしい思いをしそうな気もする。

|

« 水郡線のデザイン公募 | トップページ | 「今日は一日『アニソン』三昧」にいらつく »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/9881018

この記事へのトラックバック一覧です: BSアニメ夜話・ヤッターマンの巻:

« 水郡線のデザイン公募 | トップページ | 「今日は一日『アニソン』三昧」にいらつく »