« ゆんゆん よんよん やんやん | トップページ | 日立駅とその周辺 »

2006.06.25

さらばハチロク

 日立市のかみね公園内に静態保存されていた8620形蒸気機関車が、青森県の五能線で復活運行される。製造されたのは1924年(大正13年)10月とのことだから、80年以上昔に作られた機関車である。1970年3月まで使用され、翌年に国鉄から日立市に貸し出されていた。しかし、その後は雨ざらしである。月日の経過と共に車体の痛みは深刻なものとなり、解体撤去の声も上がった。1年ほど前の写真がKOUJINN(旅人)さんのブログ「豆日刊茨城」に掲載されているが、「これホントに走るのか?」と思わせるものがある。

 ともあれ再雇用先が決まり、来月には青森に移送されるということで、24・25日の両日にお別れイベントが開催された。元日立市民であり鉄道大好きなおれとしては「ひとまずの別れ」を告げるべく、何年かぶりにかみね公園を訪れた。

展示場風景

 イベントは親子連れを中心にけっこう盛況であった。展示場所の立地上、あまり「ごった返す」というほどのものではなかったが。

運転台付近

 引き渡し前に化粧直しが行われたそうだが、さすがに近づいてみるとかなり痛んでいるのが見て取れる。窯には火が入っており、運転台に上った子供たちが次々と汽笛を鳴らしていた。生で聞くSLの汽笛はやはりいい。

ハチロク正面

斜め前から

 機関車の前部にはイベント用のヘッドマークが掲げられ、こちらにも子供たちが入れ替わり立ち替わり上っては記念写真を撮っていた。前照灯が点灯しているが、これは他から電源を引いてつけたものであるらしい。

 五能線での運用がいつからで、いつまで行われるものかは分からないが、このハチロクが走る姿を見たいと切に思う。さらばハチロク、また会う日まで。

|

« ゆんゆん よんよん やんやん | トップページ | 日立駅とその周辺 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/10680746

この記事へのトラックバック一覧です: さらばハチロク:

« ゆんゆん よんよん やんやん | トップページ | 日立駅とその周辺 »