« 退院後の経過報告・その4 | トップページ | さらばハチロク »

2006.06.24

ゆんゆん よんよん やんやん

 こうして羅列してみると、およそらしくないが、記事のタイトルはいずれもれっきとした高校の校歌の一節である。このフレーズを見て、ある種の懐かしさを覚えるネットユーザーもいるのではないだろうか。このフレーズは、2000年の9月の終わり頃から爆発的に話題になった。これが話題になって以降、「電波=ゆんゆん」という図式ができあがってしまったように思う。

 この学校以外にも、あちらこちらにシュールな歌詞を提供した詩人の宗左近氏が19日に亡くなった。享年87。その常人を寄せ付けない感性の詞とは裏腹に、その筆名の由来は壮絶としか言いようがない。

東京大空襲の際、手を離してしまったばかりに母親を眼前で失ったとして罪の意識に駆られた。それからの戦後の時代を必死で生き抜くために、自分自身に叱咤激励して発した「そうさ、こんちくしょう!」という言葉がペンネームの由来。(Wikipediaより)

 そんな状況を自分の立場に置き換えたとき、おれ自身からこんな言葉が出てくるとは思えない。さぞや芯の強い御仁であったのだろう。

 ほんの一部だが、宗左近氏の世界は以下のリンク先でご堪能あれ。

 一部のリンク先では実際に曲も聴けるが、「歌」になってしまうとけっこう普通に聞けるものだ。

|

« 退院後の経過報告・その4 | トップページ | さらばハチロク »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/10664785

この記事へのトラックバック一覧です: ゆんゆん よんよん やんやん:

« 退院後の経過報告・その4 | トップページ | さらばハチロク »