« 無責任な引責 | トップページ | 文庫版「化石の記憶」 »

2006.07.25

退院後の経過報告・その5

 ……あれっ、「その4」で打ち止めのはずじゃなかったか?

 ひと月前にCTを撮って、ひとまずこれで安心、と高をくくっていたのだが、今日ひさしぶりに通院して断層写真を撮ってみたところ、写真に妙な「もや」のようなものが写っていた。先生の話によると、病状が長期にわたったためにこのような症状が現れてきたものらしい。

 主治医のI先生は、治療法を説明するのに「この治療法が効かない人もいます」ということを口にする(可能性の問題として)。治療部位が部位なので、慎重になるのも分かるのだが、医療事故が起きてしまっては取り返しが付かないという心情も理解はできる。

 で、今回のケースの場合、ステロイド剤の投与でどうにかなる場合と、どうにかならずにまたもや外科手術という可能性もあるという。なにせ患者本人に自覚症状がないだけにタチが悪い。正直言って「もう勘弁してくれ」である。そりゃ先生が症状をコントロールしているわけではないので誰も責められないのだが、どこかに責任のやり場を持って行かないと堪らないというのも患者の心情としてはある。

 ひとまずはステロイド剤を1週間投与、来週と再来週の通院時に薬の量を減らして、またもやCTの検査という手筈になっている。あーあ、おれの体ってどうなっちゃってるんだろう。

|

« 無責任な引責 | トップページ | 文庫版「化石の記憶」 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

水頭症」カテゴリの記事

コメント

「その5」まで来てしまいましたかぁ。(^^; そうだね、患部が頭なだけにじっくりと根気良くやるしかないよね。ぶるないさんにしてみればさらに治療期間が延びるので苦痛でしょうし。なかなか上手く行かないね。でも焦らずに。

投稿: 狩人 | 2006.07.25 22:31

はぁ、想定外の「その5」が来てしまいました。
こうなりゃ「その6」だろうが「その7」だろうが「ありうる」とお考えください(笑…えない)。こちらとしては焦る気持ちはないつもりなのですが、いつになったら大手を振って歩けるようになるのやら。はぁぁ。

投稿: ぶるない | 2006.07.25 23:50

うーん、やはり完治までは時間がかかりますね。
ようやくよくなったかな、と思ってたんですが。
心中お察しします。でもあせらずに。
陰ながら応援しています。

投稿: るー | 2006.07.26 11:55

どうにも首尾良くいかないのが自分でも歯がゆく思ったりします。他の誰のせいでもないんですけどね。
昨夜から医者から処方された薬を飲み始めたのですが、副作用なのか背中が猛烈に痛みます。明日になっても痛みが引かないようであれば先生に相談するようかも知れません。
いずれにせよ、心配してくれる方がいてくれるというのは心強いです。

投稿: ぶるない | 2006.07.26 14:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/11096886

この記事へのトラックバック一覧です: 退院後の経過報告・その5:

« 無責任な引責 | トップページ | 文庫版「化石の記憶」 »