« 退院後の経過報告・その5 | トップページ | 砕け散るまで餃子と戦う »

2006.07.26

文庫版「化石の記憶」

 スピルバーグ監督作品の「ジュラシック・パーク」(劇場公開は1993年)公開以降、毎年夏には恐竜もののイベントが定番化している。ただでさえ、子供は恐竜に興味を持つものだ。それより四半世紀前にたがみよしひさがプレイコミック誌に連載したのが「化石の記憶」(「いしのきおく」と読む)である。

 なにぶんにも当時の学説を元に描かれているので、ティラノサウルスが「ゴジラ歩き」をしていたり、恐竜が変温動物扱いされていたりするのだが、本筋はそちらではないので、むしろ「昔の怪獣映画」くらいの感覚で読むのが適当であろう。展開には周到に伏線が張られ、ほとんどの登場人物になんらかの関係性が持たされているのも面白い(「え、この人も関係者?」というレベルに至るまで)。

 おそらくはだいたいの読者が全41話のうちの第13話くらいの範囲でオチを十分予想しうると思うが、それでもなお終盤へ向かう「広げた風呂敷のたたみ方」は絶妙である。このところのたがみ氏は体調を崩しているようで、往年のキレが感じられないのが惜しい。

 文庫版とは関係ないが、全3巻の単行本が刊行されたとき、当時のファンが誰もが感じたことは「この装丁、『AKIRA』のパクリじゃねえか!」であった。B5サイズの単行本で、ページの縁に付けられた色まで同じというのには如何様な意図があったのやら。往時の担当者の見解をお聞きしたいところである(「偶然似ちゃいましたぁ」なんて答えたら張り倒すぞ)。

 まあそれにしても、オチが重要なこの作品を紹介するのに、オチに言及しないで済ませるのも楽じゃない。

|

« 退院後の経過報告・その5 | トップページ | 砕け散るまで餃子と戦う »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/11108713

この記事へのトラックバック一覧です: 文庫版「化石の記憶」:

« 退院後の経過報告・その5 | トップページ | 砕け散るまで餃子と戦う »