« アニメ業界は大丈夫か? | トップページ | GOJIRA、アメリカに上陸 »

2006.08.31

500系が東海道から消えるまで、あと1年

 最高時速300kmが売り物だった新幹線500系車輌が、来年夏には東海道路線から撤退するというニュースをYOMIURI ONLINEで読んだ。「世界一速い車輌」として1997年のギネスブックに掲載され、1998年には鉄道友の会のブルーリボン賞も受賞している車輌ではあるが、記事中にもあるように「高速性を追求するあまりに居住性が犠牲に」なった感はいかんともしがたい。

 現時点まででおれは2度しか乗る機会に恵まれていないが、天井が低いので圧迫感があるし、棚に荷物を載せてから着席しようとしたら思いっきり頭をぶつけたことがあるし、東海道新幹線の区間では売りのはずの時速300kmも出せないし、と、いいところなしなのが現状であり、より快適な車輌が開発されれば撤退もやむなしか。

 500系がデビューした1997年には東北新幹線でE4系が、1999年には現在の主力車輌である700系が運用を開始している。どちらも居住性に重きを置いている車輌であるが、外見的には「これはちょっと…」と言いたくなるものがある。高速度と居住性と外見といった要素のすべてを満足する車輌を作るのはやはり困難であるようだ。

 あくまでも撤退するのは東京-新大阪間であり、山陽新幹線区間では継続して運用されるので、それほど大した騒ぎにはならないだろうが、それでも東京駅に乗り入れる最終日にはちょっとした人だかりができそうだ。

500系新幹線
2000年9月18日・新大阪駅で撮影

|

« アニメ業界は大丈夫か? | トップページ | GOJIRA、アメリカに上陸 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは。TBありがとうございます。

 500系がデビューした時はかなり衝撃的でありましたが、居住性を二の次にしたコンセプトでは、これからの他業態との競争には太刀打ちできるのかどうか疑問に感じますね。

 撤退まではまだ1年余りありますが、最後に東京からもう一度乗ってみたいですね。

投稿: mattoh | 2006.09.02 21:15

東海道新幹線では性能を十分に発揮できない上に、居住性で不満が出ては撤退させるのも仕方ないのかな、とは思います。乗りに行きたいのは山々ですが、関西方面に行く理由も先立つものもないのがもどかしいです。

それにしても500系のデザインはカッコいいです。90年代に放映されていたアニメの「勇者シリーズ」では、しばしば新幹線がヒーローロボットの一部に使われていました。E2系のデザインを見たときには「これは次の勇者ロボットのデザインに使えるな」と妙な想像をしたものですが、E4系を見て愕然としました(苦笑)。

投稿: ぶるない | 2006.09.02 23:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/11707908

この記事へのトラックバック一覧です: 500系が東海道から消えるまで、あと1年:

» 500系新幹線、東海道から引退へ [たべちゃんの旅行記「旅のメモ」]
 世界最速の時速300キロを誇るJR西日本の500系新幹線が、来年夏、東海道新幹 [続きを読む]

受信: 2006.09.02 08:56

» 500系、東海道新幹線から撤退へ [mattoh]
 JR西日本の新幹線用車両である500系が来年の夏に東海道新幹線から撤退するとの [続きを読む]

受信: 2006.09.02 21:07

« アニメ業界は大丈夫か? | トップページ | GOJIRA、アメリカに上陸 »