« 冥王星、仲間はずれになる | トップページ | 胡散臭いチャリティーマラソン »

2006.08.25

トランペット吹きの訃報

 メイナード・ファーガソンというトランペッターの名前を知らない人も、「ウルトラクイズ」のテーマ曲として使用された「Theme From Star Trek」ならピンとくるのではないだろうか(曲の終わりには同じくファーガソンの曲である「チシャ猫のウォーク」が編集でつながれているが)。また、「高校生クイズ」のテーマ曲として「Hollywood」が使われているし、映画「ロッキー」のテーマ曲「Gonna Fly Now」はさらに有名なところである。

 そのファーガソンの訃報を知ることになったのは、今日当ブログを訪れた人の検索キーワード「メイナード・ファーガソン 訃報」からであった。驚いてWikipedia経由で公式サイト(英語)を見てみると「LEGENDARY MUSICIAN MAYNARD FERGUSON DIES」の一文があった。享年78。来月には日本でツアーを行う予定であったという。

 おれは1988年に行われた日本ツアーの最終公演で、ファーガソンの演奏を生で聴いている。「予習」もなしに聞きに行ってしまったこともあって、どんな曲を演奏したかはほとんど憶えていないのだが、当時60歳とは思えないくらいパワフルなハイトーン(とにかく高い音が出せるのがファーガソンの特徴)は印象に残っている。バンドの編成の関係もあって、生で聞きたかった「Theme From Star Trek」が演奏されなかったのは正直残念だったが。

 これを書くに当たって、当時買ったアルバムをひさしぶりにBGMとして聞いている。演奏者がこの世を去っても、さまざまな媒体を介して演奏は後世に語り継がれる――そう信じたい。

8月26日追記Sankei Webに訃報が掲載されていたが、見出しがいけない。『映画「ロッキー」のテーマ作曲 メイナード・ファーガソン氏死去』。「Gonna Fly Now」を作曲したのはファーガソンではない。ちょっと調べれば分かることを、なぜしないのだ?

|

« 冥王星、仲間はずれになる | トップページ | 胡散臭いチャリティーマラソン »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この方は存じ上げませんでしたが、曲は有名なものが多いんですね。
勉強になりました。
腎機能および肝機能不全が原因だったようですが。
いいプレイヤーが亡くなるのは、なんだか寂しいものですね。
ご冥福をお祈りします。

投稿: るー | 2006.08.28 12:43

この人の名前を知るきっかけになったのは、第10回ウルトラクイズ終了後に出版された「クイズ王の本」(出版は1987年)でした。ウルトラクイズのオープニングは派手なファンファーレ風に始まりますが、「Theme From Star Trek」は異なった始まり方をするので、「ホントにこの曲?」と思うかもしれません。
本文中で触れたファーガソンの日本公演は、「生まれて初めて生で聞いたプロミュージシャンの演奏」でもありました。
今年は耳になじみのある人の訃報がやたらと多いです。正直、あまり故人を偲ぶ記事は書きたくないんですが、命あるものは遅かれ早かれこの世とおさらばしなければいけないわけで…。

投稿: ぶるない | 2006.08.28 18:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/11607354

この記事へのトラックバック一覧です: トランペット吹きの訃報:

« 冥王星、仲間はずれになる | トップページ | 胡散臭いチャリティーマラソン »