« 周回遅れでルパンを見た | トップページ | 暇人たちのハンカチ探し »

2006.08.20

引き分け再試合、その裏で…

 今年の全国高校野球決勝、大会3連覇を狙う駒大苫小牧と悲願の初優勝を狙う早稲田実業の対戦は白熱した投手戦となり、7回まではスコアボードにゼロが並び、延長戦でもお互いチャンスをものにできぬまま、大会規定の15回終了を持って引き分け再試合となった。

 3回途中から登板した駒大苫小牧の田中投手も、15回を完投した早稲田実業の斎藤投手も、160球以上の力投を見せた。特に斎藤投手は延長戦に入っても3連投しているとは思えない気迫のピッチング。試合経過を追っているうちに「どっちが勝ってもいいや」という心境になった人もいたのではないだろうか。

 それだけに、再試合が翌日の13時開始という日程はどうにかならなかったのだろうか? FREE TIMEさんが指摘しているが、インターバルを置くなり試合開始時刻を遅らせるなりの処置がなぜ取れないんだ、高野連。今大会では雨による順延もなかったから日程には十分余裕があるはずなのに。「過酷な大会日程が将来有望な芽を摘んでしまう」とは以前から言われているが、田中・斎藤両投手が無茶な日程のせいで潰れてしまわないことを祈る。

 そんな「引き分け再試合」のとばっちりを食らってしまったのが両校応援団のみなさん。asahi.comより。

 試合終了、引き分け再試合。選手たちに、総立ちで拍手を送った応援団だが、「今夜の宿はどうしよう」。翌21日も甲子園で応援するため、ホテルに延泊を頼んだり、帰りの飛行機の切符を変更したりと、大忙しだった。

 こういう報道を目にしてしまうと、安易に「再試合するなら1日開けろ」とは言えなくなってしまう。選手はともかく、応援団の交通費と宿泊代は自腹なのだから。

 明日の甲子園球場方面の天気は今日と同じように晴れとのこと。選手も応援団も「熱闘甲子園」の時間まで起きてないで、たっぷり休養を取って再試合に臨んでほしいと思う。

|

« 周回遅れでルパンを見た | トップページ | 暇人たちのハンカチ探し »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/11529129

この記事へのトラックバック一覧です: 引き分け再試合、その裏で…:

» 決勝戦は引き分け再試合 [FREE TIME]
凄い試合となりましたね決勝戦。 夏の甲子園大会決勝・駒大苫小牧(南北海道)vs早稲田実(西東京)の試合は延長15回でも決着がつかずに引き分け再試合となりました。 [続きを読む]

受信: 2006.08.20 23:31

» 【高校野球】壮絶な投手戦!決着つかず引き分け再試合・・・ [徒然にトラウマ]
駒苫小牧 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 = 1 早稲田実 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 = 1 駒苫・田中、早実・斉藤。 凄まじい投手戦。手に汗握る大熱戦! 3時間37分。一歩もTVの前から離れることができなかった。 試合中、何度も何度も背筋がゾクゾクした。 こういう試合を見ることができて本当に幸せだ。 早実の斉藤は延長15回、最後のバッター本間に対してな�... [続きを読む]

受信: 2006.08.21 00:25

» 引き分け再試合 [しっとう?岩田亜矢那]
最近自分の母校が出場しない限り、滅多にTVでも観なくなった高校野球だが、この試合は観ちゃったな〜。 こまとまvs早実の夏の高校野球の決勝は、これぞ熱闘甲子園でしたね! それにしても決勝戦くらい延長15回で打ち切らず、昔通りに18回まで、...... [続きを読む]

受信: 2006.08.21 00:36

« 周回遅れでルパンを見た | トップページ | 暇人たちのハンカチ探し »