« 砕け散るまで餃子と戦う | トップページ | 迷走思考の日々 »

2006.08.04

深夜に目が冴えるとき

 東日本では梅雨明け宣言後も過ごしやすい日が続いていたが、ここ数日は昼夜問わずに暑さがきつい。そんな夜に目が覚めてしまったらどうするか。たまたま午前3時半くらいにつけたラジオから「TRUTH」(F1グランプリのテーマに使われているアレだ)が流れてきてしまったら、眠れるものも眠れなくなってしまう(昨夜の実話)。

 本にでも没頭できればいいのだが、暑苦しいせいでそんなこともできやしない。開き直ってネットにつないだりしたりしてみるのだが、そこで妙にはまりこんでしまったりすると眠るどころではなくなってしまうからタチが悪い。ネットにつなぐのもよりけりである。そんなときにWikipediaの編集など始めてしまうと、これは眠ることを放棄するに他ならない(よい子はマネしないように)。気が付いたら夜が明けていたし。

 おれは寝る前に眠剤を服用しているのだが、それでも変な時間に目が覚めてしまうのは困ってしまう。きつい薬でも処方してもらうのがいいのだろうか? それ以前に体を適度に動かさないとしっかりした睡眠が取れない気がするが。

|

« 砕け散るまで餃子と戦う | トップページ | 迷走思考の日々 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/11269865

この記事へのトラックバック一覧です: 深夜に目が冴えるとき:

« 砕け散るまで餃子と戦う | トップページ | 迷走思考の日々 »