« 往年のファンのための最新作 | トップページ | 組閣の速報って重要か? »

2006.09.24

百科事典の中の「某」

 個人的になにかと利用するWikipediaのメインページにはこう書いてある。

ウィキペディアは自由にご利用頂ける百科事典です。〔中略〕基本方針に賛同して頂けるなら、どなたでも記事を投稿したり編集したりすることが出来ます。

 この「どなたでも」という一節が曲者で、本当に「基本方針に賛同して」いるのか怪しい執筆者もいるから困ってしまう。思わず「それがどうした!」とツッコミを入れたくなる項目を平気で投稿する者もいるし、「2ちゃんねると勘違いしてるんじゃないのか?」と問いただしたくなる輩もいる。

 中でも個人に関する裏話的な項目に関して、「某ドラマCD」とか「某ネットラジオ」という言い回しを使う執筆者には正直げんなりさせられる。そいつらはなぜ情報の出所をオープンにしないのだろう。暗に「お前らが知らない情報をオレは知ってるんだぜ」とでも言いたいのか。「百科事典の項目」として掲載するような内容であるなら、堂々と情報源を明らかにすべきだろう。おおっぴらにできないような情報源なら、それは百科事典の項目として不適切だし、第一信憑性が疑われる(意地の悪い見方をすれば、執筆者のでっち上げとも解釈できる)。CDなりラジオなりで本人が述べたのであれば、それは「他人に知られても差し支えない事実」だろう。わざわざ情報源を伏せる必要などあるまい。もっとも、「Wikipedia:ウィキペディアは何でないか」の中には、

個人のプライバシー、また特に不謹慎とみなされる場合のある事象の記述に関しては、それが事実であっても保守的な態度で記述をさけるべきです。

 ……とあるから、踏み込みすぎには注意すべきであるが。

|

« 往年のファンのための最新作 | トップページ | 組閣の速報って重要か? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/12024237

この記事へのトラックバック一覧です: 百科事典の中の「某」:

« 往年のファンのための最新作 | トップページ | 組閣の速報って重要か? »