« ロング・グッナイ | トップページ | 百科事典の中の「某」 »

2006.09.20

往年のファンのための最新作

 今年はウルトラシリーズ誕生40周年。というわけで、テレビでは最新作の「ウルトラマンメビウス」が放映中で、そこへつながる世界観を持つウルトラ兄弟と共演する映画が製作された。その「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」を観てきた。

 こういう言い方をしてしまうと語弊があるかもしれないが、言い切ってしまおう。「メビウス」の予備知識はなくてもいいから、「タロウ」までの予備知識なら十分ある年季の入ったウルトラファンは観てきなさい。特に「エース」のファンの人は万難を排してでも観に行くように。

―以下、ネタを割りまくっているので見ていない人は注意されたし―

 冒頭から初代ウルトラマンからエースまでの4人を向こうに回して暴れまくる「究極超獣」Uキラーザウルス。戦場が月面から地球の衛星軌道に移るあたりから、早くもCGを駆使した板野サーカス全開。おお、ちゃんとセブンの声は森次氏だ。

 Uキラーザウルス封印から20年、1人神戸に降り立つメビウス=ヒビノ・ミライ。着陸するガンウインガーと実景の合成がいい感じ。そして偉大なる先達との出会い。みんないい感じに歳を取っている。高峰氏が「エース」の頃からほとんど雰囲気が変わっていないのは凄い(「今でも50メートルを全力疾走できる」と監督に語ったそうだ)。特に今回は相手がヤプールということもあってか、北斗=エースのテンションは高め。

 宇宙人連合の先陣を切って登場するのがテンペラー星人だったのは意外だったが、あっけなくメビウスに敗れてしまったのはもっと意外。「口ほどにもないやつ」などと思っていたら、同じことをガッツ星人が口にしたので思わず失笑。他の宇宙人連中も、変身能力を駆使して人をペテンにかけるザラブ星人、分身戦法で相手を翻弄するガッツ星人、確実に段階を踏んで計画を進めるナックル星人、とオリジナルの設定を踏襲してくれているあたりが「分かってるなあ」と思う。

 罠にかかって捕らえられたメビウスを「助けよう」と真っ先に提案するのは「タロウ」のときと同じでやっぱり北斗。ハヤタが止める展開までは同じだが、郷の「勝てばいいんですよ」という声に後押しされる形で最後になるかもしれない変身を決意する4人。横並びで歩いてくるシーンからおのおの変身していくくだりは鳥肌ものだった。

 上記のシーンに限らず、要所を押さえるように流れる、「ウルトラ六兄弟」や往年のBGMのアレンジ曲は、これまたオールドファンのツボつきまくり。

 復活したUキラーザウルスに対してゾフィーとタロウを加えた7人が画面を縦横無尽に飛び回るシーンでは、板野サーカスがオーバーブースト。編集でうまくつないでいるが、やはり実物のスーツとゲームみたいなCGの違和感が最後までぬぐえなかったのは少々残念。タロウがストリウム光線を放つ前の「溜め」を再現しているが、「これがCG作画でなかったら」、「タロウの声が篠田氏だったら」と思ってしまうのは高望みか。

 なんだかんだで難敵を破って、神戸を後にするミライ。さりげなく北斗がTAC時代の「二本指を立てての敬礼」を送っているのが心憎い。徹頭徹尾北斗のキャラクターが立ちまくりだったのが、第二期ウルトラの洗礼を幼少期にたっぷり浴びた人間にはなんだかうれしい。……とか言いながらも戦闘シーンではセブンばかりに注目していたのを白状しておく。やっぱりカッコいいよ、セブン。

 見終わって感じた印象は「この作品のメインターゲットは、今『メビウス』を見ている子供たちよりも、その親たちだ」ということ(なにせGUYSの面々はほとんど出番がないし)。おれと同年代の人にとっては夢のような映画に仕上がっていると思う。

 ところで、公開前に流れていた「ゾフィーの人間体の登場予定」の話は、いつ立ち消えになったんだ? 楽しみにしてたのに。

|

« ロング・グッナイ | トップページ | 百科事典の中の「某」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

私は「タロウ」と「ジャック」が贔屓なので、劇場ポスターで篠田さんの出演がないことを知り、観に行かないつもりでいたのですが…そうですか、よかったんですか。観に行こうかなあ…(^^)
今でこそ、黒部進さんも森次晃嗣さんも団次朗さん(あ、今は時朗さんでしたね(^^;)も「悪代官」だの「悪の廻船問屋」だののイメージが強かったりしますが、今回ご出演になった4人の「昔のウルトラマン」の方たちは、きっとウルトラマンだったことを誇りに思っていらっしゃるのだろうと思います。(高峰圭二さんの現在はよく存じ上げません(^^;)
病気を願っているわけではありませんが、篠田さんの不出演の理由は健康上の理由であってほしいと思います。
「仮面ライダーだったことをプロフィールのどこにも載せていない」某有名俳優の話を聞いて少し悲しかったので(その人のことは、もともとあまり好きではないのですが)、篠田さんがそんな風に思ってらっしゃらないことを願っています。
一つ前の記事にTBさせていただいたのですが、どうやらうまく送れていないようなので、再送させていただきます。
二重になっちゃったら削除してやってください。
長文失礼いたしました。

投稿: ぱやん | 2006.09.22 18:34

本文中にも書きましたが、第二期ウルトラシリーズの洗礼を受けた人には観てほしいです(「ウルトラ兄弟」という設定が嫌いな人もいますけど)。ぱやんさんも是非。よく見てないと分かりませんが、ジャック(この呼び名にはいまだに慣れないなあ)はちゃんとウルトラブレスレットも使います。
今回の映画では篠田さんのところにも東光太郎役としてオファーがあったそうですが、スケジュールの都合が付かずに出演が実現しなかったとか(Wikipediaによる)。
「タロウ」のDVD化に伴って、それまでウルトラマンを演じた5人の俳優と、瑳川哲朗さんによる座談会が開かれました。やはり皆さんウルトラマンを演じたことを誇りに思っているようでした。
ヒーローを演じた俳優は、やはり「ヒーロー役者」からの脱却を考えるようで、あの藤岡弘、さんも「ストロンガー」に出演したときには「変身ポーズをやらないこと」を条件にしたと聞いています。某有名俳優氏も年月が経過すれば、ヒーローを演じたことに誇りを持てるのではないでしょうか。

ココログはちゃんとトラックバックの処理ができない場合がありますね。困ったもんです。重複はしていないのでご心配なく。

投稿: ぶるない | 2006.09.22 19:49

こんにちは、ぷるないさん。
コメント&TBありがとうございます。
TBSの放送開始時のスポット、懐かしいですね!
「音声周波数○○HZ、映像周波数○○HZ・・・」といった感じでしたよね。
あれを聞くと「次だ、次だ」と思ってドキドキしていたものでした。

投稿: はやらん | 2006.09.24 06:27

はらやんさん、いらっしゃいませ。
今では24時間ぶっ通しで放送するのが当たり前ですから、放送開始のスポットを見る機会ってほとんどありませんね。あってもそんな時間に起きられませんけど(笑)。
個人的には「TBS、東京放送―」のフレーズを思い出しただけで、なぜか「ウルトラマンT」の金文字が起きあがるメインタイトルを連想してしまいます。なんでだろう?

投稿: ぶるない | 2006.09.24 08:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/11987589

この記事へのトラックバック一覧です: 往年のファンのための最新作:

» 「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」 作り手の「ウルトラ愛」を感じる [はらやんの映画徒然草]
ウルトラマンシリーズ誕生40周年記念作品です。 「スーパーマン リターンズ」を観 [続きを読む]

受信: 2006.09.23 06:26

» 映画 「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」 [Mr.Bation]
ウルトラ40周年に相応しいお祭りでございました。{/kaeru_en4/} ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟 - goo 映画 大人も楽しめるというよりは親子で楽しめる映画。{/star/} ウルトラ兄弟に否定的だった私もウルトラマン・フェスティバルのステージを見て、これは絶対行かなければと思ったものです。(円谷さん上手いなぁ){/hiyo_shock2/} 以下、チョッピリネタバレ含みます。 テンペラー星人、ザラブ星人、ガッ�... [続きを読む]

受信: 2006.09.24 07:27

» ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟 [きみの瞳]
…を観てきた。公式HPはこちら。本当はあまり観に行くつもりはなかったのだが、こち [続きを読む]

受信: 2006.09.24 14:24

» 祝40周年「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」大ヒット中! [bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ]
ウルトラマンシリーズ40周年 ウルトラマン映画シリーズ10作目記念 神戸を舞台にした 「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」を公開2日目に観ました。 まずはこの映画を観るのが大変でした。 子供向けということで レイトショーをしているのは 関西ではMOVIX堺だけ レイトで空いてるだろうと言う予想に反して 昼間が各劇場、満席、完売だったため この回もレイトらしからぬ状態でした。 親子連れ、男子団体と多かったですぞ。 (やはりカ... [続きを読む]

受信: 2006.09.27 14:03

» 「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」試写会 感動はあなたの目で。 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ ]
万感の想い、本当に幸せですひと足先に観てまいりました「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」このブログをご覧になっているすべての方に観てもらいたいので、ネタバレを極限までさけてありのままに感動を伝えたいと思います。 [続きを読む]

受信: 2006.10.01 02:17

» 彼氏号泣のウルトラマン40周年記念映画 [日子のさらさら日記]
 ウルトラマンシリーズ誕生40周年記念作品「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」を見に行ってきました{/hiyo_en2/}   下関では残念ながら上映していないので、小倉チャチャタウンのシネプレックスまで行きました{/car_pink/}                        (カメラを忘れてしまったので急遽携帯で撮影{/ase/})  入場者プレゼントで、メビウスの指人形がもらえるの... [続きを読む]

受信: 2006.10.12 09:37

« ロング・グッナイ | トップページ | 百科事典の中の「某」 »