« なぜか書けない日々 | トップページ | 文化祭で鉄道模型 »

2006.10.31

退院後の経過報告・その7

 今日は毎月最終火曜日の恒例となっていたCT撮影の日であった。以前「その5」「その6」で触れたように、頭の中に出血が見られたために月に一度のペースで経過を診ていたのである。今日撮った写真では問題になっていた出血のあともすっかり消えていたので、主治医のI先生から「月一のフォローアップはもう終わりにしていいと思います」とのお墨付きを頂戴した。元からふらつきなどの症状は出ていなかったので気にしてはいなかったのだが。

 それでも「体内に異物を埋め込んでいる」ことに変わりはないので、これまでほど頻繁にではないにしろ継続して診察を受ける必要はある。次回は来年の4月だそうだ。係のお姉さんに「3月に予約を入れてください」と言われたが、忘れないでいられるだろうか?

 どうやら今度こそ――少なくともこの先半年間は――このタイトルで記事を書くことは打ち止めになりそうだ。ふぅ。

|

« なぜか書けない日々 | トップページ | 文化祭で鉄道模型 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

水頭症」カテゴリの記事

コメント

おっ、よかったですね。とりあえず順調そうで。
ホッとしました。

それにしても、三月に予約入れろって(笑)
私なら絶対忘れそう・・・。

投稿: るー | 2006.11.01 11:14

そうなんですよ、忘れそうなんですよ。
んなわけで、この記事を書いた理由の半分は題名通りの経過報告で、残りの半分は備忘録代わりなのです(笑)。なにぶんにも半年近く先の話ですから。

投稿: ぶるない | 2006.11.01 16:00

油断は禁物ですがとりあえずホッと一安心ですね。(^^) このタイトルで日記を書くことはできればないに越した事はありません。次回は3月予約ですか、鬼に笑われてしまいますね(笑)。とにかく健康が一番と肉体が衰えつつあると実感している私はそう思います。(^^;

投稿: 狩人 | 2006.11.01 20:25

「1に健康、2に健康、3、4がなくて5に健康、少々アホでも元気がなにより」というフレーズを以前いしいひさいちの単行本で見かけました。なんにせよ元気であるに越したことはないですね。
もっともおれの場合、こちら側で気を遣ってどうにかなるものでもないのが困りものですが。
あとは肩凝りと腰痛なんですが、これもどうにかならんかなあ。日々着実に体が老化に向かって進んでいるような気がして仕方ありません。むぅ。

投稿: ぶるない | 2006.11.01 20:37

過去の記事を読んでないのでよく分かってないですが、大変だったようッスね。
でも、そういった定期検診の期間が延びたってことは良くなっている証拠ッスから、良いことだと思います。

#肩こりと目の疲れ
 これらどうにかなりませんかねぇ。
 毎日酷くて酷くて。orz

投稿: Fear ウルフ | 2006.11.02 00:15

自分で言うのもアレですが、ホントに大変でした。
手術に至る過程に関しては一貫して「頭がくらくら云々」というタイトルで記事を書いていますので、「心と体」カテゴリーからたぐっていけばどういう状況だったのかお分かりいただけるかと。
もう感覚的にはほとんど「改造人間」っすよ、おれ(苦笑)。

投稿: ぶるない | 2006.11.02 00:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/12507429

この記事へのトラックバック一覧です: 退院後の経過報告・その7:

« なぜか書けない日々 | トップページ | 文化祭で鉄道模型 »