« 『そして殺人者は野に放たれる』 | トップページ | 「予想外のことは起こるもの…」 »

2006.11.30

光の国に祈りをこめて

 今年はウルトラマンシリーズ誕生40周年だというのに、そのシリーズ最初の作品の立ち上げに尽力した人たちが相次いでこの世を去った。今朝方には実相寺昭雄監督(29日深夜没)の訃報が流れ、夜には音楽を担当した宮内國郎氏(27日没)の訃報が。同じ日にこうした事態に接することがなかったせいか、正直どうコメントしていいものやら分からない。

 実相寺監督は、ファンの間から「実相寺アングル」と呼ばれるほどの極端なアップ(普通は毛穴が写るほど寄ったりしない)やカメラと人物の間にものを入れる撮影方法、独特の照明の使い方などで知られる。
 本来子供がメインターゲットであるはずのウルトラシリーズでも堂々と自分の個性を押し出した作品を撮る監督で、「ウルトラセブン」の『第四惑星の悪夢』(第43話)や『円盤が来た』(第45話)は、あまりのシュールな作りに子供の頃はどこが面白いのかさっぱり分からなかった。後年製作された「ウルトラマンティガ」で監督した『花』(第37話)でも独特の個性は健在で、正直「これ、監督の名前を知らずに見ている人も楽しんでるのかな?」と思ったものである。
 今年の2月に他界した脚本家の佐々木守氏と組んでは、ちょっと斜に構えたような雰囲気を醸す作品群(劇場公開された「実相寺昭雄監督作品ウルトラマン」を見れば一目瞭然だ)を数多く遺した監督であるが、一番脂がのっていたのはやはり「怪奇大作戦」ではなかっただろうか。「今夜は追悼の意をこめて『京都買います』を見る」という実相寺ファンが多数いることと思う。

 とかく「ウルトラシリーズの音楽」というと、ワンダバコーラスで有名な冬木透氏の名前が挙がりがちであるが、「ウルトラQ」と「ウルトラマン」でジャズに根ざした劇伴を手がけた宮内氏の名前も忘れてはならないだろう。しかしながら、手元にある宮内氏の音楽がオムニバスに収録された主題歌と挿入歌の類しかないというのは、故人に対する礼を欠いてしまっているようにも思う。耳にする頻度の差もあってか、宮内氏の名前を聞いて真っ先に連想したのが「ウルトラファイト」の本編BGMだったりするのも我ながらいかがなものか。
 宮内氏が生前手がけた作品の中では、ウルトラ以外に映画「ガス人間第一号」(1960年公開)がある。ある意味のちの「ウルトラQ」にも通じるであろう作品で、傑作の呼び声も高い。訃報を知って見たい衝動に駆られたのが「ウルトラQ」でも「ウルトラマン」でもなく、この映画だったのはなんだか不思議だ。

 初代ウルトラマンが誕生して40年、当時製作に情熱を傾けていた人たちもずいぶん“光の国の住人”になってしまった。いずれ誰もがそうなるのだが、2人も相次いで旅立たれてしまうのはやはり一ファンとしては寂しい限りだ。

|

« 『そして殺人者は野に放たれる』 | トップページ | 「予想外のことは起こるもの…」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してます、Gでございます。
交通事故のリハビリでようやく先が見えてきたGに
この訃報の連続は酷でした・・・ショックです。
光の国へ皆さん行ってしまった・・・
去ってしまった今は空虚以外の何物でもありません。
トラバいたします・・・よろしくお願いします。

投稿: gun_gun_G | 2006.12.01 00:00

ちょうどGさんのところにもトラックバックを送ろうと思っていたところでした。「なんで40周年の記念の年に…」という気持ちが強く残るお二方の訃報でした。
本文のほうにも書きましたが、どうコメントしたものやら、言葉が出てこなくなりました(そのせいでかくもグダグダな文章になってます)。こういうときに「追悼のため」と称して見たくなるのがウルトラでないのはなんとも不思議です。

投稿: ぶるない | 2006.12.01 00:48

ぶるないさん、こちらでははじめまして・・ですね。

かんがえると佐々木守さんも今年亡くなって、その後実相寺監督が・・と感えると今年は・・なんという年だったんだろうと思いますね。
確かに・・・「呪いの壺」と「京都買います」のカップリングなのかなと思います。
でも「狙われた街」「狙われない街」というのもいいかなあと・・。

宮内國郎さん、ウルトラQのBGMは特に印象的ですが確かに「ウルトラファイト」の印象が強いです、確かに。
ただウルトラといえば冬木透さんののは判りますが宮内氏がウルトラの音楽的イメージを作ったのは間違いない事ですしもっと評価すべきだと改めて感じました・・。スペクトルマンも忘れがたいです。
ご冥福をお祈りします・・。

投稿: 大阪歩 | 2006.12.02 18:42

大阪歩さん、いらっしゃいませ。
2月に佐々木氏の訃報があり、こうして宮内・実相寺の両氏が相次いで亡くなるのはなんともやりきれないものがあります。冗談めかして「円谷のオヤジさんがあの世で新作を作るのではないか」というファンもいました(冗談のオブラートにでも包まないと堪らないのでしょうね)。
「京都買います」のような大人っぽい作品ももちろん味があっていいのですが、「空の贈り物」のお笑い路線の実相寺作品も大好きでした。
そんなお笑いを陰で支えていたのが、ジャズ畑出身の宮内氏の軽妙な音楽だったように思います。もっと評価されていい人ですね。

投稿: ぶるない | 2006.12.02 22:28

遅ればせながらトラックバック
ありがとうございました。
ここ最近は青島幸男氏、岸田今日子氏など
まだまだ亡くなられる方が多いです。
もう何と言っていいか・・・合掌。

投稿: gun_gun_G | 2006.12.21 18:07

青島さんは「ウルトラマン」のギャンゴの回に端役で出ていたのを子供の頃にめざとく見つけて驚いたのをよく憶えています。この人が都知事にならなかったら、「踊る大捜査線」の主人公の刑事はどんな苗字になっていたのやら。

岸田さんは言わずと知れた岸田森さんの従姉に当たる方ですが、「傷だらけの天使」で共演してるんですよね(ほとんど見ていないので記憶がほとんどないのですが)。

こうも見知った名前の訃報が相次ぐと、感覚も麻痺してきますね。そんな2006年もまだ10日残っています…。

投稿: ぶるない | 2006.12.21 20:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/12885004

この記事へのトラックバック一覧です: 光の国に祈りをこめて:

» 異彩の監督・実相寺昭雄氏逝く・・・ガマクジラがお見送り・・・。 [ひいろお倶楽部@]
こんにちは、Gです。今日は昨日の続きを載せる予定でしたが・・・Gがあまりにもショックを受けたことがありましたので急遽、予定を変更します。Gはこの方にはかなり色んな面で影響を受けてたように思うからです。 映画監督・実相寺昭雄氏が29日、胃がんのため亡くなられました。享年69歳。 さっきリハビリから帰宅して、このニュースが目に入ったときは、しばらくポカーンとしてました。恐らく5月の曽我町子氏の訃報以来のショックでしょう。この「ひいろお倶楽部@」でもメトロン星人(初代)、スカイドン、シーボ... [続きを読む]

受信: 2006.11.30 23:55

« 『そして殺人者は野に放たれる』 | トップページ | 「予想外のことは起こるもの…」 »