« 何年ぶりだ?の生ブラス | トップページ | 陰気な年越し・憂鬱な年明け »

2006.12.30

鹿島鉄道乗車記

 過日外出直前に故障が発見されて予定を台無しにしたデジカメが23日に修理を終えて手元に戻ってきた。見積もりよりも大幅に安く上がった修理代に、おれの血中鉄分はみるみると増大した。かくて「よーし、年内にはかしてつに乗りに行くぞ」と決意したのであるが、そのかしてつは翌24日に来年3月末での廃線が正式決定した。

 29日の朝、天気図の等圧線は混み合っており、北西からの風が強まることが予報されていたが、家人に対しては「北風が強かろうが、今回のおれの決意を鈍らせるほどのものではないのだ。ふははは!」などと余裕の態度を取っていたおれである。この時点では後に襲いかかる災難はさっぱり予測できなかった。

 東海を9時30分に出る列車で出発。この列車は勝田で特急を先行させるために3番線に停まる。そのときに目に飛び込んできたのは、年明けから運用が開始されるE531系のグリーン車入りの編成。思わずカメラ片手にホームに駆けだして1枚。2階建ての部分はずいぶん天井が低いように見えたが、実際のところはどうなのだろう。

E531系のグリーン車車輌

ぶっ壊れた靴  石岡には10時28分着。ここでトラブル発生。乗り換えのために跨線橋を登ろうと歩き出したら、靴の紐がほどけたような感覚が。長いこと履いていなかった靴がいつの間にか劣化していたらしく、なんと紐を通す部分が付け根からもげてしまった。「勇気ある撤退」も考えないではなかったが、「まだ足首のところで止められるじゃん」と判断して予定は続行。

鹿島鉄道一日フリーきっぷ  「一日フリーきっぷ」を購入して、10時43分発の常陸小川行に乗り込む。乗客はおれを含めて3人ほど。意外に少ない。

前面展望  前面展望はこんな感じ。見通しの利く直線区間が多いようだ。

常陸小川駅  15分ほどで常陸小川に到着。ここまでが鹿島鉄道の第1期開業区間である。そのせいか途中の各駅の区間は短め。

DD901形機関車
「野ざらし」の貨車
 この駅で降りたのはこいつが見たかったから。かつて航空自衛隊百里基地への燃料輸送に使われていたDD901形ディーゼル機関車。これの反対側には、やはり輸送に使われていたらしい貨車があった。しかし機関車は「静態保存」という言葉が該当するが、貨車の方は「野ざらし」。

鉄オタで混雑する車中  11時46分に出る鉾田行でさらに進む。常陸小川まで乗ってきた列車と違って、今度の車内はかなりの混雑ぶり。見るからに「ボクたち鉄オタです」オーラを出している連中が、前面展望を狙って陣取っている。ワンマン運行の列車は前乗り前降りである。そんなところにいたら乗り降りする人の邪魔だぞ。かしてつに乗るのは鉄オタだけでないことをちょっとは認識しろっつうの。こんなだから鉄道ファンは白眼視されるのだ。

浜駅  今度は常陸小川の4つ先の浜で途中下車。

しぶきの上がる霞ヶ浦湖岸  ここと桃浦駅からは霞ヶ浦が目と鼻の先に見える。間近で見たことがなかったので、近くまで行ってみる。それにしても風が予想外に強い。かぶっていた帽子は幾度となく吹き飛ばされそうになり、湖面も波立っている。岸にぶち当たった波がしぶきを上げているのを見かけて改めてげんなり。あまりの寒さに周囲の散策を断念して駅の待合室に避難。

浜駅に入ってくるキハ430形  13時ちょうどの予定の鉾田行は2分ほど遅れてやってきた。やはり乗り降りに難渋している様子。

鉾田駅  13時24分に終点の鉾田に到着。2000年に「関東の駅百選」に認定された駅である。

 ここの名物は鯛焼き。降りた乗客が次々と買い求めていった。おれも手みやげに購入。漫画「鉄子の旅」ご一行も取材に訪れたらしく、キクチさんが鯛焼きを食べているイラストが掲示されていた。イラストにある「かしてつ車掌DJトレイン」が意味するところはこれのこと。

駅構内のお店
構内にある鯛焼き屋

「鉄子の旅」一行来訪記念のイラスト

 次の石岡行が14時52分までないため、タクシーで鹿島臨海鉄道の新鉾田に向かう客も見受けられた。おれもその選択肢を考えないではなかったが、以下の理由により駅の近くのラーメン屋に入ることにした。

  1. 新鉾田-水戸間の運賃を払うのがもったいない。
  2. タクシー代がもったいない。
  3. 徒歩20分の道のりを歩くのには先述の事情により靴が頼りない。
  4. 昼食がまだ。

 なんとか駅周辺で時間を潰して帰りの列車に乗り込む。疲れでうとうとするお客もちらほら。前面展望を狙う元気な方もちらほら。

 かしてつに乗ったのは今回が初めてだが、「沿線に華がないなあ」という印象を受けた。百里基地への燃料輸送が経営の一助になっていたというから、これが打ち切られたのはかなりの痛手だっただろう。めぼしい観光地があるわけでもないし、かといって通学に利用する学生たちの定期代は大きな収入源にならないし、廃止もやむなしか。それでも「機会があれば廃止前にもう一度乗ってみたい」と思わせるものはあった。

 石岡からの常磐線下り列車は、これまた強風の影響で遅れていた。

|

« 何年ぶりだ?の生ブラス | トップページ | 陰気な年越し・憂鬱な年明け »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

綺麗に撮ってますなぁー。(^^) 私も2007年は動かんと思ってますが果たして!? 良いお年をお迎え下さい。(^^)

投稿: 狩人 | 2006.12.31 23:07

綺麗に撮れたのは強風のために雲ひとつないドピーカンだったせいも大きいかもしれません。浜駅で降りたときは半端じゃなく寒かったです。
霞ヶ浦の湖面をなめて筑波山を撮ったものを年賀状の写真に使おうと考えていたのですが、湖面は波立ってるし水は汚いしといいところなしだったので断念しました。で、年賀状のネタに使ったのが「あれ」です(笑)。ご笑納くださいませ。

投稿: ぶるない | 2007.01.01 11:39

きれいな写真ですね~。
ちょっと寒そうな感じがしますが。

その後、復活されましたか?
ちょっと心配しておりますが。
いい年になることをお祈りしております。
今年もよろしくお願いいたします。

投稿: るー | 2007.01.04 10:32

当日は北からの風が強くて、ちょっとどころかムチャクチャ寒かったです。
霞ヶ浦湖岸の写真をご覧いただければ分かると思いますが、「ここ海ですか?」というくらいの勢いで波が打ち寄せていました。湖面の波の立ちっぷりも相当なものでしたし。

あーあと、復活には今しばらく時間がかかりそうな感じです。
2007年はいい年に…なると…いい……なあ。

投稿: ぶるない | 2007.01.04 12:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/13270581

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿島鉄道乗車記:

« 何年ぶりだ?の生ブラス | トップページ | 陰気な年越し・憂鬱な年明け »