« 陰気な年越し・憂鬱な年明け | トップページ | 箱根駅伝を走ったお仲間 »

2007.01.06

最後の昼食はチキンラーメン

 インスタントラーメンの産みの親であり、日清食品の創業者でもある安藤百福氏が5日に亡くなった。享年96。半月ほど前に「所さんの目がテン!」でカップラーメンが取り上げられたのを見たばかりだったので、少なからず驚いた。読売新聞朝刊が1面で訃報を報じていたのにはもっと驚いたが。

 世界最初のインスタントラーメンであるチキンラーメンの発売は1958年、カップラーメンの始祖であるカップヌードルは1971年の発売であるから、おれが物心ついた頃にはすでにカップヌードルがインスタントラーメンの主流になっていた。生前の安藤氏は毎日チキンラーメンを食べていたそうだが、おれ個人がチキンラーメンを食べた回数はカップヌードルのそれと比べると格段に少ない。

 なにかと「体に悪い」とやり玉に挙げられることの多いインスタントラーメンであるが、安藤氏の大往生という実例がその反証たり得るのではないかとも思ってしまう。もっとも安藤氏は週に一度のゴルフも楽しんでいたというから、全面的に擁護できるわけでもないのだが。

 ともあれ、ごちそうさまでした、安藤さん。そしてこれからも「いただきます」。

|

« 陰気な年越し・憂鬱な年明け | トップページ | 箱根駅伝を走ったお仲間 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/13357003

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の昼食はチキンラーメン:

« 陰気な年越し・憂鬱な年明け | トップページ | 箱根駅伝を走ったお仲間 »