« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007.02.17

「チョイオタ」なる不思議な分類

 経験的に言えば、話題になるアンケートや統計は往々にして胡散臭い。そんなアンケートがまた一件。「意識調査『30代-40代の約7割が「チョイオタ」!?』」なのだとさ。いかにも「先に結論があって、それをもっともらしく見せるためにアンケートを実施した」という印象を受ける見出しである。

 まず調査方法から検証してみる。

メール転送サービスCLUB BBQなどを運営する株式会社アイシェアは、30代、40代の携帯会員を対象としたオタク(ヲタク)に関する意識調査を行った。

有効回答数:811名 [ 30代 64.5% 40代 35.5% (男女比 7:3) ]
調査期間:2007年2月5日~7日(48時間)]

 わざわざ括弧書きで「オタク(ヲタク)」という表記を使っているところに悪意めいたものを感じてしまうのは気にしすぎであろうか。このアンケートの取り方は会員登録してある対象者に「こんなアンケートをやるので、この期間にこのアドレスにアクセスしてください」といった主旨のメールを送って答えてもらうものだ。回答するかしないかは会員の任意であるから、回答する側がお題に興味を示さなければ協力してもらえない。つまり、アンケートに答えた人は理由はどうあれこの話題に興味があるということになる。回答者に「俺そうだよ」という自覚があった可能性は少なくないだろう。

 また、対象にした年齢層が多感な時期を過ごした時代背景も考慮すべきではないか。1970年代にはいわゆる第2次怪獣ブームがあり、「仮面ライダー」放映による変身ブームがあり、「マジンガーZ」や「宇宙戦艦ヤマト」といった爆発的ヒットとなったアニメ作品も放映された(ファーストガンダムもテレビの本放送は1979年だが、一大ブームを巻き起こすのは1980年代になる)。同時期には「8時だョ!全員集合」が最高視聴率50.5%(1973年4月)という驚異的な数字を叩きだしている。

 今のようにテレビが「1人に1台」でなく「一家に1台」だった時代である。アニメや特撮、当時の流行歌が同世代の「共通言語」となっていてもおかしくない。そんな世代が30代・40代になって昔話で盛り上がっている、それだけの話ではないのだろうか? わざわざ「チョイオタ」という妙な分類をするほどのことなのか、どうにも不思議である。

 それもこれも「オタク」という言葉が持っているマイナスイメージが大きいせいなのだろう。だから「チョイ」なんて接頭語をつけて「俺はあんな連中とは違うよ」と暗に主張したいのかもしれない。しかし「オタク」の一語がカバーする範囲は、そこいらの調査会社が考えているものよりもはるかに広いことを忘れてもらっては困る。どんなジャンルにもいるんですよ、オタクってやつは。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007.02.09

レッドショルダーのマーチ、発掘さる

 つい一週間前にはメイド喫茶との妙なコラボレーションが発表されて一騒ぎあったボトムズファンの間に、更なる激震が走った。本放送以来の謎だった、ファンの間で「レッドショルダーのマーチ」と呼ばれる曲を収録したアルバムが発見されたのである。

 騒ぎの発端はサントラ盤に肝心の曲はいってねえスレの次のレスがボトムズのスレッドにも投下されたことによる。

145 :名無しのテーマ:2007/02/07(水) 03:54:09 ID:ANb9u4n2
レッドショルダーマーチと似ている曲を発見
イタリア映画のDue Marines e un GeneraleのサントラにArrivano I Marinesという曲があるので
チェック!
ItuneStoreで買えます。

 「Due Marines e un Generale」は邦題を「二人の水兵と一人の将軍」といい、くだんの曲はこのサイト(2曲目が『Arrivano I Marines』)でちょこっと試聴できるのだが、これがズバリそのまま「レッドショルダーのマーチ」だったことから騒ぎは一気に沸点まで加熱することとなった。収録されているアルバムのAmazonでの売れ行きは鰻登り(それにしても最初にレビューを書いた奴のコメントはあまりにも痛い)、iTMSでもこの曲だけが大人気というから、いかにボトムズファンがこの曲を聴きたがっていたのかうかがい知れる。

 それにしても、どういう経過からこの曲が発見されるに至ったのか、そこが気になって仕方がない。一大捜査網が展開された結果、とは到底思えないのだが。大方「道端の石ころを蹴飛ばしたらたまたま当たっちゃった」みたいな感じなのだろう。

 このサントラの発見に伴って発掘された曲がもう一曲。

150 :名無しのテーマ:2007/02/09(金) 00:38:25 ID:2TRKsvpg
おいおい、6曲目のL'offensiva Di Primaveraって
ガンダムのギレンの演説のときにかかる曲じゃん!すげえ!!


151 :名無しのテーマ:2007/02/09(金) 01:37:55 ID:xSR2UlQB
>>145
まずはGJ!
なるほど、こりゃ収録されないわけだ
しかしこの曲、昔バンダイが特撮ソフビのCMで使ってなかったかな・・・?

>>150
ほ、ほんとだ
劇場版と同じような曲が使われていたように記憶してたんだが、
総音楽集に収録されてなくて何故なんだろうと思ってたら・・・

 どうやらグラス片手に聞きながら「坊やだからさ」とつぶやくのも一興らしい。

3月7日追記:このトピックを投稿した夜に注文して1ヶ月弱、ようやくCDが手元に到着。ケースの下部をかなりガッチリしたシールが封緘していて、フタを開けるのに難儀した。これは向こうの仕様なのだろうか?

3月11日追記:記事を投稿してひと月あまりが経過して騒ぎも沈静化したら、Amazonでの価格はおれが購入したときの半値近くまで下がっていた。何があったのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.07

見積費用金四千弐百円也

 丸2年愛用してきたMP3プレーヤーのバッテリーがへばってきたので、最寄りのPC屋に依頼して交換してもらうことにした。プレーヤー自体がすでに生産されていない代物なので、問答無用で修理扱い・メーカー送りとなった(取説にも「お買い上げの販売店にご依頼ください」との記載あり)。

 充電して再生して充電して再生して充電して再生してを2年もやっていれば「100%充電したのに短時間しか再生できない」なんて症状は、バッテリーの寿命以外考えられない。それでもほとんど旧式化した機種であるから、メーカーに送っても「この機種に合うバッテリーの在庫がありません」という事態も想定しうる。そこで見積もりを出してもらうことにしたのだが、その費用が4200円もかかると聞いて内心で動揺した。「調べてみましたが、バッテリーの交換はできませんでした」という結論が出ても4200円はきっちり取られるし、交換できたらできたで代金に上乗せされる。「こんなことにカネ使うくらいだったら新製品買った方がマシですぜ、旦那ァ」という悪魔のささやきが聞こえてくるような金額ではあるまいか。そんなささやき戦術に「ウルセーな、こいつで聞きたいんだよッ」と対抗して、渋々ながら了承した。

 ひとまずは交換が利くか否かの連絡待ちであるが、交換可となれば2~3週間は時間がかかるらしい。それまでは弟から使わないCDウォークマンを借りることにした。MP3を記録したCD-RWも再生可能なので、急場を凌ぐには十分だろう。でも交換が利かなかったらどうしましょ。

2月14日追記:見積もりが出た。7200円だと。見積もり料金の方が部品代+手数料より高く付いてるというのはどういうことなのだろう。まさか「見積もり料金は別途請求」とかいうタチの悪い冗談はないだろうな…。

2月21日追記:修理に出してからかっきり2週間、ものを引き取ってきた。上の追記分で不安に思っていたことは幸い杞憂で済んだ。それにしても「修理の際に交換して抜き取った部品は修理品に同梱する」というルールをバッテリー交換にも杓子定規に適用するのはいかがなものか。取説では「リサイクル協力店へお持ちください」と謳っているのに。そっちで処理してくれてもいいじゃないの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.04

だから鉄オタは嫌われる・その2

 鉄道ファンは「SL運行」というイベントに弱い。ましてや人気のあるD51が運転されるとなると、頭にはまっているはずの常識のネジがスポポーンとはじけ飛んでしまうらしい。1日からJR内房線で運行されているD51牽引のイベント列車で撮影を巡るトラブルが相次いでいる。

 2月4日付のYOMIURI ONLINEより(強調箇所は引用者による)。

 今月1、3日に運行されたが、1日に千葉―木更津駅間で3度にわたり緊急停車。3日も、約500人を乗せて内房線富浦―那古船形駅間を走行中に、線路わきから身を乗り出すようにして撮影していたファンがいたために急停車したほか、那古船形―館山駅間で、60歳代の男性が線路上に寝転がってカメラを構えていたことから停車した。警察官が男性を注意した。

 いい歳こいて何バカをやっているのだ、こいつは。「アオリの構図で迫ってくるデゴイチ」を撮りたかったんだろうけど、そんなことをすればお巡りさんは黙っちゃいない。どうやら注意だけで終わったようだが、いっそのこと往来妨害罪の現行犯として手錠を打ってしまってもいいのではあるまいか。

 もちろんこんなバカをやる連中を、一般的な鉄道ファンは冷ややかな目で見る。悪い意味で子供っぽさが抜けきってないんだろうなあ、この種のトラブルメーカーは。鉄道ファンのストレートな怒りはこんな場面で現れるという一例が鉄音アワー64号のポッドキャスティング配信で聞ける(11分33秒あたりから)。

 大事なことはただひとつ。「他人に迷惑をかけるな」。それだけだ。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2007.02.02

水と油、メイド喫茶とボトムズ

 例によってブログの更新をチェックしたら引っかかってきた妙な記事(敢えてトラックバックしない)。一ボトムズファンとして、声を大にして言いたい。

なにを考えているのだ、サンライズ。

 今やすっかり「オタクの街」と化した秋葉原でイベントが行われること自体には何の違和感も感じない。しかし、なんでその場所がメイド喫茶なのだ? しかも萌えアニメと抱き合わせだと? 場所を提供する側の店はそりゃあ大いに乗り気だったろう。しかし、こうした企画にOKを出すサンライズはなにを考えているんだ? そんなに古参のファンを敵に回したいか?

続きを読む "水と油、メイド喫茶とボトムズ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »