« こんな携帯ストラップはいかが | トップページ | 眩しい朝陽の記憶を 探し続けている »

2007.04.10

日活、敢えて火中の栗を拾うか。

 テレビも映画も独自のコンテンツに力がなく、素材を人気の漫画作品に求める傾向が顕著であるが、追い詰められた企業というものは何をしでかすか分かったものではない。nikkansports.comより

 日活は10日、人気アニメ「ヤッターマン」の実写版をはじめ、16作品の製作や配給を発表した。〔中略〕「ヤッターマン」のほかに「科学忍者隊ガッチャマン」の実写映画化も発表した。

 血迷ったか、日活。「ガッチャマン」はともかく(以前NTTがCMでやってたし)、「ヤッターマン」を実写でやってどうしようというのだろう。あれの持ち味はアニメだからこそ出たものではないのか? わざわざ手間ヒマかけて実写にしてもろくなものにならないんじゃないのか? 実写版映画の「鉄人28号」は実際に大コケしたわけだし。まして「ヤッターマン」はギャグものである。人を笑わせるのは泣かせるよりもずっと難しい。別の意味で笑いものになる可能性の方が高いような気がするぞ。

 なんかもう、安直にお色気タレントをドロンジョさまにキャスティングして、安直にドクロベェをアニメと同じ滝口順平氏に演じさせて得意げに宣伝しているさまが目に浮かぶなあ……。手遅れになる前に誰か止めてやれよ。

4月11日追記:この話題は日刊スポーツの芸能面にでかでかと報じられた。ゾロメカやおだてブタはCGでオリジナルに忠実に再現するのだと。いよいよ実写でやる意味がないんじゃないのか? 製作費は13億円、目標とする興行収入は30億円だって。……正気の沙汰とは思えません。

|

« こんな携帯ストラップはいかが | トップページ | 眩しい朝陽の記憶を 探し続けている »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

私もこのニュースを聞いた時呆然としました・・・。

しかし監督が三池崇史と聞いて他の監督が撮るよりもマトモな、イヤ、狂ったものができるのではと怖さと期待が半分ずつだったり・・・。
でも三池監督はなんだかんだいいつつ職人的にきっちり商業的な作品を撮ってしまうんですよね・・。
ただ今回は怖い。
誰が撮るか判らない「ガッチャマン」はもっと怖い。

投稿: 大阪歩 | 2007.04.11 00:40

「どうあがいたって原点越えはできないだろう」というのが偽らざる印象ですね。まったくもう、怖いもの知らずというか何というか。
「デビルマン」や「CASSHERN」が酷評されたことを他人事のように考えているとしたら、制作スタッフの考えはマックスコーヒーより甘いと思います。
かつて「ヤッターマン」を見ていた人たちがやめろと言ってるんですけどねえ…。

投稿: ぶるない | 2007.04.11 01:20

ええええええええええ。

私も大反対です、「ヤッターマン」実写化・・・。
制作側は何考えてんでしょうねえ。
ちょっと力が入らないくらい驚いてます。

「ガッチャマン」もギリギリかなあ・・・という気がします。
CMのやつは、30秒で億単位のお金をつぎ込んでたので、あれだけ見れるものになりましたけど、映画となると、やっぱり不安が・・・(^^;

投稿: るー | 2007.04.11 10:56

2009年の公開予定だそうですが、永遠に予定のままになってくれないかなあ、とか思ったりします。

仮にこれがアニメでの映画化であったとしても、「ヤッターマン」で映画の尺に耐えうるネタを提供しうるか疑問です(いくらでも風呂敷が広げられそうな「ガッチャマン」ならともかく)。「今週のビックリどっきりメカ、発進!」なんてネタも単発の映画では使えませんしね。

ファンが大まじめに「頼むからやめてくれ」と懇願するしかないですかねえ…。かつて製作に携わったスタッフや声優陣はこのニュースをどう受けとめているのやら。

投稿: ぶるない | 2007.04.11 15:16

同じネタで書いてました(^^;。
俺らに声が掛かってないじゃないか!という事でw

アレは毎回繰り返されるから面白かったんですよね…
びっくりどっきりメカも三悪もドクロ雲も。

投稿: Wittman | 2007.04.13 01:01

そうそう、なんでおれらに一言ないのかと…って、そんなもんあるかー!(笑) こっちはただのシロートだ~!

かつて、ゆうきまさみは言いました。「繰り返しはギャグの基本」と。その「基本」をマンネリと言われるほど繰り返したところにタイムボカンシリーズは立っているわけで。単発の映画でやって、それが一見さんに受けるかというと、大いに疑問だよねえ。

音楽に山本正之が関わるか否かで、前評判が大きく変動しそうな気がしないでもないと言っても過言ではありませんが(←なにが言いたい?)。

投稿: ぶるない | 2007.04.13 01:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/14637442

この記事へのトラックバック一覧です: 日活、敢えて火中の栗を拾うか。:

« こんな携帯ストラップはいかが | トップページ | 眩しい朝陽の記憶を 探し続けている »