« ときわ路パスで乗り鉄・Scene2「鉾田」 | トップページ | ときわ路パスで乗り鉄・Scene4「E531系グリーン車」 »

2007.04.30

ときわ路パスで乗り鉄・Scene3「鹿島線~成田線」

 自動券売機で取手までの乗車券を購入。さらにキヨスクでデジカメ用の乾電池も調達。次に乗る列車まで20分という乗り換え時分は、十分なのやら足りないのやら。列車を1本遅らせて鹿島神宮に詣でるという発想もないではなかったが、今回は観光が目的ではないので、高架になっているホームに戻る。

113系横須賀色  1番線で発車を待っているのは113系の横須賀色4両編成。日頃常磐線で交直両用の電車ばかり乗っていると、直流専用の電車に乗るのがなんだか新鮮だ。我ながらおかしなところで感動しているとは思う。土曜日の昼下がりということもあってか、車内には学校帰りの生徒が多い。

北浦橋梁から北側を臨む  発車してすぐに北浦をまたぐ橋梁を渡る。1236メートルもあるという、ながあい鉄橋である。鉄道橋にありがちなアーチ部分がないので景観を存分に楽しむことができる。1999年に公開された「ゴジラ2000 ミレニアム」で久慈川河口でゴジラと撃ち合いをして吹き飛ばされた円盤は、この橋をかすめて北浦に墜落した。

香取駅駅舎 鹿島線0キロ標
 田園地帯をコトコト走り、成田線との分岐駅である香取に着く。駅舎は貨車を改造したお粗末(失礼)なものであるが、ここには鹿島線の0キロ標がある。撮ろうとしたら向かいのホームに電車が…。ガラス3枚越しにムリヤリ撮影。列車はここから成田線に乗り入れて、成田へ向かう。

 成田線に入っても鹿島線と似たような風景が延々と続くが、滑河を過ぎるとレールは利根川に背を向けて山の中へと入っていく。終点の成田が近づくにつれて、空港を飛び立ったばかりの旅客機がたびたび目に付く。つくづく「成田空港って山ん中にあるんだなあ」と再認識。久住付近では沿線に撮り鉄な方々が見えた。約2時間後にやってくるあやめ82号を狙っているのだろう。撮影ポイントなのか?

成田駅駅名標

 終点が近づいてくると成田山新勝寺の三重塔が左手に見えてきた。「ここらで途中下車してお参りでも…」との考えが脳裏をよぎったが、買った切符を改めてみると下車前途無効という無情な6文字が印字されていた。内心で落胆したが、こんな行程を組んだ自分が悪いのである。仕方ないと思いつつ13時59分に成田着。ここで我孫子支線に乗り換える。

E231系  次は14時16分発の我孫子経由上野行き。車輌はE231系。ここまでセミクロスシート車に乗ってきたせいか、全車ロングシートというのはいささか味気ない。常磐線に乗り入れてからなら違和感も感じないのかもしれないが、片田舎という感じの風景とは少々ミスマッチングのような。

 地元の人からすれば「なにをそんなに驚く?」と言われるだろうが、この支線では我孫子までの9駅の中に下総松崎(しもうさまんざき)・木下(きおろし)といった独特の読みの駅名が相次いで現れて、地名の奥深さを思い知らされた。そんな駅名に翻弄されること40分弱、見慣れたイトーヨーカドー我孫子店が見えてきて、14時55分に我孫子着。次は15時7分の水戸行きで、営業開始後に初めて乗るE531系のグリーン車。(Scene4に続く

|

« ときわ路パスで乗り鉄・Scene2「鉾田」 | トップページ | ときわ路パスで乗り鉄・Scene4「E531系グリーン車」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/14899335

この記事へのトラックバック一覧です: ときわ路パスで乗り鉄・Scene3「鹿島線~成田線」:

» スーパーひたちとフレッシュひたち [常磐線 時刻表]
常磐線 時刻表は、なぜか懐かしくて大好きな常磐線に関して私が集めた情報です。 JR常磐線 時刻表にある各駅についての情報も提供します。 [続きを読む]

受信: 2007.05.01 01:32

« ときわ路パスで乗り鉄・Scene2「鉾田」 | トップページ | ときわ路パスで乗り鉄・Scene4「E531系グリーン車」 »