« なにやってんだ高野連 | トップページ | 駐車場の奇妙な車 »

2007.05.14

2千円札はババ抜きのジョーカーと言っても過言ではないのだ!

 今朝の読売新聞1面に載っていて、思わず目を丸くした記事「2千円札、なぜ使われない?…日銀に8割の7億枚眠る」。そういや見ないよねえ、2千円札って。最後に見たのは支払用の袋から牛乳屋のおっちゃんに渡したときで、受け取ったおっちゃんも「珍しいねえ」と驚いていたものだ。

 記事から引用する。

 日本銀行が在庫として保管している2千円札が2006年度末で約7億2405万枚と、00年度の導入以来最高となった。

 これまでに製造された8億8000万枚のうち、06年度末の流通枚数は約1億5595万枚で、残る8割以上が日銀の金庫に眠っている計算だ。

 2千円札は西暦2000年や沖縄サミット開催をきっかけに、00年7月に発行された。当時はハイテク技術を駆使した偽造防止のほか、少額支払いが便利になると期待された。

 日銀がなんだかんだと理屈を付けても、発行当時からして「西暦2000年だから2千円札作っちゃおうぜ」以上の理由で作られたとは思えなかった。例えば紙幣で8千円を支払うときに、感覚的にどれが一番判りやすいか(「1万円札を出して2千円分のおつりをもらう」ってのはナシね)。

  1. 千円札8枚
  2. 2千円札4枚
  3. 5千円札1枚+千円札3枚
  4. 5千円札1枚+2千円札1枚+千円札1枚

 多くの人が3番目のケースを支持するものと思う。2番目は1番目よりはマシであろうが、受け取った側が若干とまどうことが予想される。最悪なのは上で例に挙げなかった「2千円札と千円札をごっちゃにして支払う」ケースだろう。払う側も受け取る側も足し算しなければならないから。さらに、2千円札と千円札は色合いが似ているせいで混同しやすいというのもよろしくない。

 かくして2千円札は「自分の手元に回ってきたら、さっさと他の誰かに押し付けてしまいたい」という、ババ抜きにおけるジョーカーのような存在になってしまった。その押し付け合いの果てに、発行枚数の8割が死蔵される事態になったのである。いっそのこと潔く「2千円札を発行したのは失敗でした」と認めて印刷そのものをストップしてしまった方が賢明ではないのか?

 記事の結びにはこうある。

 日銀は7億枚余りの2千円札を本、支店で保管している。7億2405万枚を積み上げると高さは約72キロ・メートルにも達する。高さ3メートルに積んでまとめても、テニスコート(約261平方メートル)よりひと回り広い空間が必要になる。日銀は「保管場所に困っているわけではないが、なぜこれほどまで使われないのか、正直なところわからない」と途方に暮れている。

 これを読んで「その1割でもオレに分けてくれれば、ぜーんぶ流通させてやるぜ」と、文字通り現金な発想をした輩も少なくないと思う。おれもそんな輩の1人だったから。

|

« なにやってんだ高野連 | トップページ | 駐車場の奇妙な車 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。タイトルにいたく感銘を受けました(^^)
あれは歴史に残る事を何かしたかった当時の小渕首相と、最新の技術を披露したかった造幣局技術組の思惑が一致した結果の産物だと思っています。トラックバックさせていただきますね。

投稿: ぱやん | 2007.05.15 13:56

タイトルはまるっきりの独創ではなく、ドラマ「時効警察」のパロディです。いつもよりタイトルが長くなってしまったのはそのせいでもあります。
あと3年くらい経ったら、当時の造幣局技術組の責任者を捜し出して「誰にも言いませんよ」カード持参で訪ねてみたいです(ネタが分からない場合はWikipediaで検索してください)。

ところでトラックバックの承認依頼が届いていないんですけど…。送信に失敗していないかご確認くださいませ。

投稿: ぶるない | 2007.05.15 22:17

割勘や集金とかですぐ話題にできる便利な小道具なので、両替して持ってることが多いです。8000=2000x4くらい並ばすと、話題効果は10倍以上です(当社比) ^o^。お店が釣りとして出すようにならない限り「流通」はしませんよねきっと。

投稿: Z9M9Z | 2007.05.16 07:49

こんにちは。田舎のことで、テレビ朝日系はCATV加入者でないとリアルタイムでは見ることができないものですから、「時効警察」は全くチェック外でした(^^;ウィキで検索して概要は理解いたしました(^^)
トラックバックにつきましては、再度送信させていただきますので、よろしくお取り計らいくださいm(..)m

投稿: ぱやん | 2007.05.16 09:44

>Z9M9Zさん
2千円札4枚で出すと、さながら「Aのフォーカード」みたいな迫力がありそうですね(なんの?)。大貧民なら「かくめーい!」とか言いながら出てきそうな組み合わせです。ネタ以外に使い道がないとは、不遇な紙幣ですねえ…。同情しませんけど。
そういや、いくら消費者側が使っても店がストックしてしまっては意味がないですよね。店と客の間を循環させないと「流通」とは言えませんわな。

>ぱやんさん
トラックバック、さっそく承認させていただきました。ありがとうございます。
そうですか、リアルタイムでは見られないんですね、「時効警察」。第1シリーズ放映当時、「クウガ」のファンの間で「五代雄介テイスト漂うオダギリジョーが見られる」ということで話題になりました。第1シリーズはDVD化されていますので、興味が出たらレンタルででもご覧になってみてください。

投稿: ぶるない | 2007.05.16 11:46

私の経験での2000円札の流れ。

お店をやっていると2000円がお客様から支払われた場合こう考えてます。

1.レジ・ドロアーの中に構造上置くスペースがない
2.ゆえにつり銭を間違えるもとになる

1.面倒なのですぐさまつり銭としてお客様に渡す
または
2.よけておいて場合銀行にすぐさま預けてしまう

店舗においてつり銭準備金としてハナから使用されずに皆銀行いきになるので結局流通しないというわけです・・・。
他のお店はどうかわかりませんが・・非常にメイワクな存在でした(って過去形・・)2000円札・・。

投稿: 大阪歩 | 2007.05.20 23:35

>レジ・ドロアーの中に構造上置くスペースがない

結局これが2千円札の流通を妨げる最大の問題のような気がします。
どのお店のレジも、2千円札というそれまでの通貨体系になかった紙幣に対応しているわけではないのですから、どうしても邪魔になっちゃいますよね。「置いておいても邪魔なだけなら銀行に押し付けてしまえ」という考えも至極まっとうなものだと思います。
で、押し付けられた銀行も、両替に使われないから日銀に戻してしまう。かくして「いくら日銀が2千円札を発行しても、自分たちの手元に戻ってきてしまう悪循環システム」一丁上がりです。

日銀は「なぜこれほどまで使われないのか、正直なところわからない」なんて抜かしてますが、「お前らの頭は帽子を載せるためにあるのか! もうちっと一般庶民の視点で考えろ!」と一喝してやりたくなってきました。
まったくもう、余計なもんこしらえてくれたもんです。日銀が困るのは自業自得ですが。

投稿: ぶるない | 2007.05.21 01:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/15069859

この記事へのトラックバック一覧です: 2千円札はババ抜きのジョーカーと言っても過言ではないのだ!:

» 2千円札、使ってほしいの?>日銀さん(^^; [きみの瞳]
よくお邪魔しているこちらとこちらに、2千円札に関する話題があった。元の記事はこち [続きを読む]

受信: 2007.05.16 10:00

« なにやってんだ高野連 | トップページ | 駐車場の奇妙な車 »