« 「意外とありがちバトン」を試す | トップページ | BSアニメ夜話・ボトムズの巻 »

2007.06.22

朝日ソノラマ、店じまいへ

 毎月20日に配信されるはずのメールマガジン「ソノラマ文庫 Monthly Hotline」の号外が21日にやってきた。はて、何事? …と思ったら。

※重要なお知らせ

読者のみなさまへ
                                          2007.06.21
                                          株式会社朝日ソノラマ

当社は9月で店仕舞いします


  長年にわたり朝日ソノラマの本をご愛読いただきありがとうございます。
 さて、当社は9月末日で営業活動を停止します。本日、その旨を記者発表しました。
 1959年9月の創業以来、今年で48年になります。日本初の「音の出る雑誌」を発行するなど、多くの人々に親しまれてきた出版社だと自負しています。最近も、コミックスを中心に、地味ながら手堅い経営をしてきました。
 しかしながら、最近の出版界の状況、当社の経営見通しなど、さまざまな観点から検討の結果、やむなく店仕舞いすることになりました。時代の流れに抗し切れず、誠に残念な結果です。

〔後略〕

 メールマガジンのタイトルに相反して、ソノラマ文庫の新刊は今年1月に「吸血鬼ハンター」シリーズの新刊案内がぽこっと出ただけで、このところソノラマノベルスのアナウンスばかりになっており「ソノラマ、どうしたのかなあ」と思っていたのだった。そうか、店じまいかあ……。

 物心ついた頃には「朝日ソノラマ」という会社の名前はソノシート付絵本のおかげで知っていたし、なじみ深いものでもあった。特撮専門誌の「宇宙船」(2005年に休刊)もあったし、中学生の頃には「クラッシャージョウ」シリーズにはまり、ハンドルの元ネタにも出会い…というわけで、ぶるないという人間の精神構成に多大な影響を与えた出版社であったと言いきってもいいだろう。

 せめてものご奉公をと考え、出て間もない「ウルトラマンメビウス」のムックをアマゾンでポチしたのであった。

 10月以降は朝日新聞社出版本部に出版権が移り、「ソノラマ」のブランド自体は存続されるそうだ。ちょっと寂しくなるけど、今までありがとう、朝日ソノラマ。

|

« 「意外とありがちバトン」を試す | トップページ | BSアニメ夜話・ボトムズの巻 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

えー、そうなんですか。
わたしも折に触れお世話になったクチなので、ちょっと寂しいです。

ブランド自体がなくなるわけではないようで、安心しましたが・・・。
なんにせよ、ありがとうと言いたいですね。

投稿: るー | 2007.06.22 10:56

たぶんおれと同年代の人にとっては、ソノラマ文庫の緑の背表紙(これ重要)は共通言語的なものだと思います。クラジョウでしょ、妖精作戦(人によってはARIEL)でしょ、青ベルでしょ…etc.
ちなみにDは4作目の「死街譚」までで挫折しました。

この件についてはいろんな人が記事を投稿しているようですが、やっぱり多いぞ、「菊池秀行」表記。ファンなら間違えるなよ、まったく。当人じゃないけど、ちょっと怒ってます。

投稿: ぶるない | 2007.06.22 11:41

Dはどこまで読んだかわかってません。エイリアンも同じく。ヤマトだのゼロだのいうとやっぱり年バレですか(笑)

文字違いで思うのは「安倍晴明」、「阿部清名」との入れ替わり16通り、全部見たことある気がします^o^

投稿: Z9M9Z | 2007.06.23 16:43

「あれ、Dの4作目って『死街譚』だよな? つうか、タイトルは『死街譚』であってたっけ?」と不安になってWikipediaで検索しました(「吸血鬼ハンターD」で項目あり)。
エイリアンは「魔神国」まで付き合いましたが、「魔界航路」以降は惰性で読んでました(ぶっちゃけ、あんまり面白くないんだもん)。
さすがにそこにヤマトが出てくるとトシがばれますねえ(笑)。ところで「ゼロ」がなんのことなのか分かんないんですが…。

投稿: ぶるない | 2007.06.23 20:08

朝日ソノラマ文庫の最初の2冊、どっちも石津嵐著で、どっちも似たような話です^o^(年バレスパイラルへずぶずぶ‥)

投稿: Z9M9Z | 2007.06.23 22:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/15514964

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日ソノラマ、店じまいへ:

« 「意外とありがちバトン」を試す | トップページ | BSアニメ夜話・ボトムズの巻 »