« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007.07.31

『そこが知りたい「脳の病気」』

 このブログでも何度か触れたが、昨年生まれて初めて体にメスが入った。しかも頭。入院自体が物心ついて初めてのことだったので、脳外科という診療科目の内容に興味を持つことになった。そんなわけで手に取ってみたのが医学博士の天野惠市氏が書いた『そこが知りたい「脳の病気」』である。

 おおよそひとつの症状についてひとつの章が割かれており、中には「それも『脳の病気』の範疇なの?」というものもあるが(頭部外傷や首・背中・腰のけがなど)、テレビへの出演もあるという筆者らしく、かみ砕いた表現で書かれている。ただ、読点を多用しがちなのはかえって読みづらくしているような気もする。それから、病名やら部位の英文表記を逐一付記する必要はあったのか? んなもんよりも図版のひとつも入れてほしかった。専門家でもない人が「第3-第4腰椎間」なんて言われたときに具体的な場所をピンポイントで理解できるとは思えないぞ。

 入手して真っ先に開いてみたのはやはり「水頭症のはなし」である。自分と関係の深い話題に最初に食いついてしまうのは、これ人情だと思う。天野氏の記述によると、おれが施術された脳室腹腔シャント術という手術はこういうものである。

頭の中で吸収しきれなくなった髄液を、細くてやわらかいチューブを皮下に通して、おなかの中に導き、腹腔内で腹膜から吸収させる。腹膜が持つ大きな吸収能力を活用する手術である。頭の中から、いっきに髄液がおなかの中に移行すると、まずいことが起こるので、髄液の流れを、圧にしたがって自動調節する小さなバルブが途中についている。

 手術した箇所が箇所だったし、上記のような手術をしたので本人はほとんど改造手術でも受けたかのような気分にもなったのだが、これに続く「脳外科では頻繁に行われる小手術のひとつである」という一文はちょっとした衝撃だった。「あれだけのことをしても小手術なのか?」と。落ち着いて考えれば、手術に要した時間は実質小一時間だし、検査と術後を合わせても入院期間は半月程度であった。広範囲にわたって頭蓋骨を切開したり、長い期間のリハビリが必要な症状で入院してくる人もいるのだから、脳外科の医者の視点からすれば「小手術」なんだろうなあ。

 ともあれ、脳外科の意外な守備範囲の広さにも気付かされる一冊である。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.07.26

「よーく見ろ。目つきが悪い」

 世間によくある「○周年記念作品」にろくなもんはない、というのはおれの持論である。「ウルトラマンシリーズ誕生40周年記念作品」と銘打って製作された「ウルトラマンメビウス」は珍しい例外であったが、どうやら「ウルトラセブン」は多数派の列に並ぶことになりそうだ。

 Sponichi Annexより「ウルトラセブン 40年ぶり復活」。秋にTBS系で放映される「ウルトラセブンX」だとさ。妙にマッチョで腹筋の割れたデザインも相当にアレだが、この目つきの悪さはなんなんだ。CREW GUYSのサコミズ隊長から偽物呼ばわりされても文句を言えないデザインである(爪先が尖っていれば完璧だ)。往年のファンからは早々に「これは『ウルトラセブンペケ』ではないのか」などと言われているが、まったく同感である。改めて成田亨のデザインと、セブンのスーツアクターを務めた上西弘次の体型の妙に感動を覚えてしまった。このスーツだけでもオリジナルの「セブン」を冒涜しているように思えて仕方ない。

 40周年を祝うのも結構だけど、あまりファンを怒らせない方が身のためだと思いますよ、円谷プロの皆様。おれを含む一部ファンは「平成セブン」すら認めていないんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.17

かな書きの功罪

 台風と地震のダブルパンチの陰に隠れてしまった気もするが、参議院選挙運動の真っ最中である。当然のことながら我が家の近くにもポスターが掲示されている。おれの住んでいる県の選挙区では6人が立候補しているのだが、選管の立てた掲示板を見てみると、全員が名前のどこかをかな書きしている。うち1人は苗字も名前も両方ひらがな表記である。それは漫画家のペンネームか。

 候補者側としては「有権者に親近感を持ってほしい」とか「名前を憶えてもらいたい」みたいなもっともらしい理由があるのだろうが、個人的にはこの傾向は嫌いである。有権者は議員になる人物に「あんたに任せた」と票を投じる。その人物の名前くらい漢字で書けなくてどうするのだ。どうせ多少うろ覚えでも、投票用紙に記入するコーナーに行けば「この人たちが立候補してます。他の名前書いちゃダメですよ」と、目の前に立候補者一覧が貼られているではないか。

 だいたいかな書きは漢字で書いたものと比べると、間が抜けて見える(当ブログのタイトルがいい見本だと思う)から困る。いわゆる平成の大合併でかな書きの地方自治体がどっと増えたが、意味もなくかな表記にしているところは何を考えているのだろう。「難読である」とか「漢字で書くと画数が多く、縮小すると字が潰れてしまう」とかならまだ納得もできる。小学生でも読み書きできる地名をわざわざかな表記する発想をおれは理解できない。Wikipediaを眺めていると、逆に漢字を濫用する例が目について、これはこれで閉口するのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.10

やっぱり需要がないのかなあ

 地元のラジオ局で「常磐線普通列車のグリーン車をよろしくお願いしまーす」という趣旨のCMが流れている。以前乗ったときもガラガラだったが、グリーン車に乗っているのはアテンダントと大量の空気という状況は変わっていないようだ。JR東日本の「これはヤバいぞ」という思惑が、先述のCMに現れているのだろう。

 駅にはこんなキャンペーンポスターも掲示されている。

グリーン車キャンペーンのポスター
2007年7月9日東海駅にて撮影

 こんなキャンペーンを打つこと自体、乗車率が振るわないことのなによりの状況証拠だろう。肝心のグリーン車がほとんど来ない駅にポスターを出して効果があるかは疑問であるが。やっぱり需要がないのかねえ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.01

政治家に学ぶ「誠意のない謝り方」

 曲がりなりにも防衛省のトップにいる人のする発言じゃないよなあ、と思わされた久間防衛大臣の「原爆投下『しょうがない』」発言。周りからさんざんにつつき回されて謝罪のようなことをしたが、どうにもそのコメントに誠意がこもってないように感じられて仕方ない。asahi.comより。

 久間防衛相は1日、長崎県島原市内で記者会見し、米軍による日本への原爆投下を「しょうがない」と発言したことについて「被爆者を軽く見ているかのような印象に取られたとすれば、大変申し訳なかったという気持ちだ」と陳謝し、発言を事実上撤回した。〔中略〕

 久間氏は会見で「しょうがない」発言について「例えとして原爆の話までしなくてもよかったと思う。原爆(投下)を認めた、『しょうがない』と言った、と受け取られてしまったところに、今思うと私の説明の仕方がまずかったんじゃないかという気がする」と釈明した。

 前段での発言では「という気持ちだ」は不要だし、後段の「まずかったんじゃないかという気がする」は「まずかった」とすべきではないのだろうか? 心の底から謝るのであれば、スパッと言い切らないと相手に誠意は伝わらない。「選挙が近いし、有権者にマイナスイメージを与えるのはまずいよなあ」という計算が動いているのが手に取るように分かるぞ。

 やはりそのへんのせこい魂胆は透けて見えるらしく、大臣のお膝元である長崎原爆被災者協議会の会長の怒りはコメントを受けてもなお収まらない。時事ドットコムより。

 久間章生防衛相が米国の広島、長崎への原爆投下を「しょうがない」と発言し、1日に陳謝したことについて、長崎原爆被災者協議会の山田拓民事務局長(76)は「核問題が現内閣で軽々しく扱われている。久間防衛相だけでなく安倍内閣全体の問題だ」と怒りをあらわにした。
 山田事務局長は、久間防衛相の原爆発言をめぐる陳謝について「参院選への関係から謝るそぶりを見せただけでは」と批判した上で、「きちんと撤回すべきだ」と指摘した。

 久間さん、あなたの「謝罪もどき」はみみっちい損得勘定のせいで、伝わるべき相手に伝わっていませんよ。……それにしても、どうして安倍内閣の閣僚連中はこういうやつらばかりなんだ。支持率も下がるわけだよなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »