« 「だが、今は去っていく」 | トップページ | やっぱり需要がないのかなあ »

2007.07.01

政治家に学ぶ「誠意のない謝り方」

 曲がりなりにも防衛省のトップにいる人のする発言じゃないよなあ、と思わされた久間防衛大臣の「原爆投下『しょうがない』」発言。周りからさんざんにつつき回されて謝罪のようなことをしたが、どうにもそのコメントに誠意がこもってないように感じられて仕方ない。asahi.comより。

 久間防衛相は1日、長崎県島原市内で記者会見し、米軍による日本への原爆投下を「しょうがない」と発言したことについて「被爆者を軽く見ているかのような印象に取られたとすれば、大変申し訳なかったという気持ちだ」と陳謝し、発言を事実上撤回した。〔中略〕

 久間氏は会見で「しょうがない」発言について「例えとして原爆の話までしなくてもよかったと思う。原爆(投下)を認めた、『しょうがない』と言った、と受け取られてしまったところに、今思うと私の説明の仕方がまずかったんじゃないかという気がする」と釈明した。

 前段での発言では「という気持ちだ」は不要だし、後段の「まずかったんじゃないかという気がする」は「まずかった」とすべきではないのだろうか? 心の底から謝るのであれば、スパッと言い切らないと相手に誠意は伝わらない。「選挙が近いし、有権者にマイナスイメージを与えるのはまずいよなあ」という計算が動いているのが手に取るように分かるぞ。

 やはりそのへんのせこい魂胆は透けて見えるらしく、大臣のお膝元である長崎原爆被災者協議会の会長の怒りはコメントを受けてもなお収まらない。時事ドットコムより。

 久間章生防衛相が米国の広島、長崎への原爆投下を「しょうがない」と発言し、1日に陳謝したことについて、長崎原爆被災者協議会の山田拓民事務局長(76)は「核問題が現内閣で軽々しく扱われている。久間防衛相だけでなく安倍内閣全体の問題だ」と怒りをあらわにした。
 山田事務局長は、久間防衛相の原爆発言をめぐる陳謝について「参院選への関係から謝るそぶりを見せただけでは」と批判した上で、「きちんと撤回すべきだ」と指摘した。

 久間さん、あなたの「謝罪もどき」はみみっちい損得勘定のせいで、伝わるべき相手に伝わっていませんよ。……それにしても、どうして安倍内閣の閣僚連中はこういうやつらばかりなんだ。支持率も下がるわけだよなあ。

|

« 「だが、今は去っていく」 | トップページ | やっぱり需要がないのかなあ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/15619778

この記事へのトラックバック一覧です: 政治家に学ぶ「誠意のない謝り方」:

« 「だが、今は去っていく」 | トップページ | やっぱり需要がないのかなあ »