« 摂氏34度の退屈 | トップページ | 『知られざる日本の恐竜文化』 »

2007.08.22

水郡線に乗りに行く

 現在水郡線で運用されているキハ110系気動車がもうすぐ他線区へ転出されるということで、今月26日まで記念ヘッドマークを付けた列車が水戸-郡山間を1日2往復するとの記事を新聞で読んだ。「これは撮りに行かねば。ついでにキハE130系にも乗ってこよう」ということで、初めて「水郡線に乗る」ためだけに出かけることにした。

 ヘッドマーク掲出列車の運行予定はJR東日本水戸支社のサイトで確認。最初はヘッドマーク付きの列車で水戸を発つことを考えたが、発想を転換して、郡山方面に先回りして上菅谷で水戸に向かうヘッドマーク付きをつかまえることにした。上菅谷では時間を持て余してしまうことを見越して、支線の方にも足をのばす。

 12時15分水戸発の常陸大宮行きで出発。さっそくキハE131形に行き当たった。

キハE131形

乗降口の段差  ホームのそば屋で昼食を済ますつもりだったのだが予想外にお客が多く、昼食を後回しにして席を確保することにする。ここでいきなり新型車両の洗礼を受けた。乗車口に中途半端な段差があって、つまずきそうになったのであった。

キハ110系の段差  床面はキハ110系よりも45ミリ下げてあるそうだが、もうちょっと下げられなかったものか。

防犯カメラ?  座る場所を見つけたところでふと天井を見てみると、防犯カメラと思しきものが設置されていた(写真は少々ブレてしまった)。最近は列車内もなにかと物騒だし。

 初期加速はディーゼル車とは思えないほどのスピード感。エンジン音の代わりにモーター音が聞こえてきてもおかしくないような不思議な感覚であった。駅間が短いのであまりスピードを味わえないのが惜しい(もっとも、水郡線内では時速85キロに制限されているが)。

 上菅谷で乗り換えて、常陸太田には12時47分着。ここに来るのは日立電鉄線が廃止になる直前に乗りに来て以来である。

旧常北太田駅  かつての常北太田駅へ行ってみる。現在は日立電鉄交通サービスの事務所として使用されているらしい。待合室はバスのそれとして使われているようで、椅子も自販機も現存していた。

昔ここにホームと線路がありました  改札口跡からホームがあったあたりを臨む。当然のことながらホームも線路も完全に撤去され、更地となっている。

 13時11分発の上菅谷行きで引き返す。駅の近辺にはコンビニの類がなく、空きっ腹を抱えたままである。

 ここで本日のメインイベント、13時30分に上菅谷に着くヘッドマーク付きキハ110系に乗り込む(写真の量だけではキハE130系の方がメインのようであるが…)。運行本数の関係か、平日の昼間にしてはかなりの乗車率であった。

ヘッドマーク掲出のキハ110系(上菅谷にて)

 水戸着13時49分。ヘッドマークに気を払うお客さんがいないのが寂しいが、今週末はそれなりににぎわうのであろう。常磐線ホームでこの列車の入線を待っていたのはmattohさん

ヘッドマーク掲出のキハ110系(水戸にて)

|

« 摂氏34度の退屈 | トップページ | 『知られざる日本の恐竜文化』 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは。TB&コメントありがとうございます。

 もしかすれば水戸駅でニアミスしてたかもしれませんね(^^)。実は常磐線の1371Mで水戸に到着してすぐに水郡線ホームに向かいましたので、常磐線ホームで撮る暇もありませんでした。

 新しいキハE130系は帰りに乗りましたが、中央線のE233系で見られる細長いつり革がこちらでも見ることが出来ました。JR東の新しいトレンドになるんでしょうかね?

 それでは・・・。

投稿: mattoh | 2007.08.27 22:41

あらら、人違いでしたか。
ちょうど22日には読売新聞の茨城版にヘッドマーク掲出列車運行の記事が載っていたので、それを見てやってきた同好の士でしょうか(その中の1人がおれです)。
1371Mですと、mattohさんが1番線に着く頃にはもう水戸駅の改札を出てましたね。ま、たまにはこういう偶然も面白いです。

長二等辺三角形のつり革は機能的にはどうなんでしょうか? なんか間延びしてくたびれたような印象を受けました。クロスシートの背もたれに付いている手すりのデザインはいいと思ったのですが。

ついでに業務連絡です。
そちらのブログのコメントが認証制になっていることに気付かずに二度投稿してしまいました。あとから投稿したコメントは削除しちゃってください。我ながらみっともないので…(汗)。

投稿: ぶるない | 2007.08.28 01:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/16207932

この記事へのトラックバック一覧です: 水郡線に乗りに行く:

» もうすぐお別れ~水郡線キハ110型 [mattoh]
 今日は、おととい水戸からもぶろぐした水郡線のキハ110型乗車について書きたいと [続きを読む]

受信: 2007.08.27 22:36

« 摂氏34度の退屈 | トップページ | 『知られざる日本の恐竜文化』 »