« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007.10.23

それいけ!ワンマンマン

 以前いしいひさいちがこんなタイトルの本を出そうとしたら、モデルにされた当人から苦情が来て差し止めになったという、読売新聞社主筆。自分のところの野球チームがクライマックスシリーズで屈辱的な3連敗を喫したもんだから、報道陣の前でキレてしまった。nikkansports.comより(強調部分は引用者による。以下同じ)。

 大勢の報道陣が集まったホテルのフロアで、渡辺会長のダミ声が響き渡った。5年ぶりのリーグ制覇を果たしながら、CSで3連敗して日本シリーズ出場権を逃しただけに「制度がよくない。リーグ優勝はなんの意味もない。おれがオーナーの時は絶対に反対した。誰がどうしたか知らねぇが、こんなくだらん制度をつくった」と次から次へと不満をぶちまけていった。

 クライマックスシリーズという制度にはおれも不満がある。そもそも「ない方がいい」と思ってもいる。日本シリーズにはリーグ優勝したチームが進むべきだし、対等でない条件でプレーオフ(言葉を飾ってはいるが、やはりこれはプレーオフであろう)が行われるのもおかしい。パ・リーグのクライマックスシリーズを見ている時点で、「セカンドステージで巨人が負けたら、ナベツネが怒り出して『こんな制度やめちまえ』って言うんだろうな」という話題は家人との間に上っていた。そんな予想から1ミリもずれないこの発言はさすがだ、ワンマンマン。記事を読んでおれと弟は大爆笑した。

 しかし、記者の方は冷静である。「わがままな支配力」を持つ権力者に痛烈な一撃を加えている。

 確かにCS制度の改革の余地はあるが、敗戦が決まった直後での批判は負け惜しみ以外のなにものでもない。ましてや球団トップの人間が、自軍の監督批判は論外。シーズン中間報告やリーグ優勝報告では絶賛していた原監督の采配も、たった3試合のCSでの敗戦で、あっさり手のひらを返して猛批判。白けムードが漂った。大権力者の傍若無人な発言がチームの士気を弱め、巨人人気を低迷させていることに、まだ気がついていないようだ。

 ……この記事をブログのネタにするために考えごとをしていたら、頭の中に「アンパンマンのマーチ」が変な歌詞で流れてきた。

そうだ うれしいんだ
稼ぐ よろこび
どうせ胸の傷はいたまない

なんのために生まれて
なにをして生きるのか
儲けられないなんて
そんなのはいやだ!
カネを稼ぐ ことで
熱い こころ 燃える
だから 君は いくんだ
あさましく
そうだ うれしいんだ
稼ぐ よろこび
どうせ胸の傷はいたまない
ああ ワンマンマン
いやしい 君は
行け!自分のカネ 稼ぐため

 曲がりなりにもメディアを仕切っている以上は、不特定多数の無名人が発する罵詈雑言を封殺することなどできないことはご承知でしょう? ワンマンマンどの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.17

我が家の来訪者たち

 我が家には、生まれて間もなくやってきてかれこれ13年になるナコというメス猫がいる。……のだが、それ以外に庭先にやってきては食べ物を無心する猫たちがいる。今回はそんなやつらをご紹介。

グレ
オス猫のグレ(2007年1月2日撮影)。命名はうちの母親による。母が名前を付けると例外なく見たまんまのものになってしまう。体の色がグレーなのでこんな名前になった。写真では分かりにくいかもしれないが、実はかなりでかい。上の写真から10ヶ月経った現在では、顔の横幅が増してさらに貫禄が付いている。

ちび猫たち
左はニャン太、右はゆのっち(2007年10月13日撮影)。命名は弟。通い始めた頃は、例によって母のストレートな命名で「コアカ」に「コミケ」(『小さくて赤い猫』と『小さい三毛猫』の意)という名前で呼ばれていたが、「いつまでも小さいままじゃいないだろ」という主張が通り、この名前で呼ばれるようになった。名前の由来は「ひだまりスケッチ」から(ゆのっちはともかく、ニャン太という名前は1コマしか出てこないのだが…)。ゆのっちは三毛猫なので十中八九メスであろうと思われるが、ニャン太の性別は確認していない。「もしメスだったらどうしよう…」とは命名者の弁。

 我が家に来始めた頃のちびたちは人間どもの一挙手一投足にびくびくしていたが、最近ではだいぶ神経が図太くなってきて、ニャン太などは庭先で昼寝するレベルまで慣れてきている。体をなでさせてくれるところまであと少しか?

 挙動を観察する限りでは、このちび猫たちはどうやら前出のグレの子供であるらしい。ある程度成長したときに親猫に縄張りを追い出されるのか、それとも禅譲されるかは時が来てみないと分からない。誰がいなくなっても、きっと寂しくなるのだろうなあ。

ナコ、13歳の誕生日に
で、こちらが現在の主であるナコ(2007年6月29日撮影)。写真は13歳の誕生日に撮ったもの。すっかりおばあさん猫になったが、やんちゃなところは変わっていない。人間たちは「長生きしてね」と願ってやまない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.10.14

儲けは出ているか?

 今に始まった話ではないが、アニメ製作者の賃金のレベルはどう考えても手間に見合うだけのものではない。一説によれば、アニメ草創期に手塚治虫が制作費を低く抑えてしまったせいであるという。そんな低賃金にあえぐ末端の製作者たちがとうとう声を上げた。asahi.comより

 世界に誇る日本のアニメ。市場規模は2000億円以上といわれるが、原画を描く制作現場では月収10万円に満たない人も少なくない。こうした状況を改善しようと、アニメーターや演出家らが13日、「日本アニメーター・演出協会」(JAniCA)を設立した。

 約70人が参加。代表は「北斗の拳」監督で、協会設立を呼びかけた芦田豊雄スタジオライブ社長が務める。東京・荻窪で開かれた設立会見で芦田さんは、「業界は『低賃金でもアニメが好きだから』という働き手の気持ちを利用してきたが、このままでは優秀な人材が入ってこなくなる」と訴えた。

 正直なところ、声を上げるのが20年くらい遅かったのではないかという気もするが、芦田代表のコメントは文字通りの「血の叫び」であろう。甘い汁を吸っているのは本当に一握りの連中だけで、それ以外の人々は安い賃金でこき使われている。「牛馬の如く」という喩えがあるが、牛や馬は働いた分餌がもらえるだけでも末端のアニメ製作者諸氏よりマシな待遇かもしれない。

 「待遇に見合った給料をよこせ」と言うのは至極真っ当な労働者の権利である。ただ、こうして団体設立に至ったことが裏目に出はしないかが心配だ。作品制作の全権を握っている人間が「あっそう。じゃあこれからは安く仕事してくれる中国や韓国の人らに頼むから、キミらはクビね」などと言いだしたらそれこそヤブヘビになってしまう。ただでさえ動画や背景、仕上げといったセクションが海外へ丸投げされるケースが少なくないのだから。

 日本には大小400社を超すアニメ制作会社があり、そこで働くアニメーター・演出家は正確な統計はないものの4500人程度とみられている。協会によれば、アニメーターは1日平均10時間以上働いても、全体の2~3割は年収100万円前後。新人は半年で半数が、1年後には7割が辞めていくという。

 市場規模の数字にだまされてはいけない。景気がいいのはうわべだけの話で、今日もアニメーターたちは命をすり減らしながら働いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.06

ウルトラセブンバッテン

 製作発表の段階で書いた記事で「世間によくある『○周年記念作品』にろくなもんはない」とコメントしたが、第1話を見たら「あー、やっぱりね…」と大きなタメイキをついてしまったよ、「ULTRASEVEN X」(リンクなんか張ってやらないぞ)。40年前に製作された作品に対して失礼なので、ここでは「ウルトラセブンバッテン」と呼びたい。いっそのこと「ウノレう七ブソ×」でもいいかもしれない。香港製品のインチキ日本語か。

 なんでしょうか、あの「ブレードランナー」な世界観は。武装した暴走族が街を牛耳っていても不思議じゃないかもしれない。降っている雨は酸性ですか。ポリススピナーか治安警察のヘリがおれの見ていないところを飛んでいたりするのでしょうか。

 そこに出てくる、あまりにも貧相な対エイリアン組織もなんだかなあ、という印象がぬぐえない。悪質な地球外生命体を撃滅するための組織なのに、武装は特殊な銃だけでいいのか。乗り物が出てきた途端に真っ逆さまに非力になるのも情けないし。

 敵になるエイリアンも密談してたかと思ったら、なんの伏線もなく巨大なやつがぼこっと現れる超展開ぶり。そこに登場する全身タイツの室伏広治。アイスラッガーが「回転する鈍器」になってるのはどういう了見だ? 斬れないアイスラッガーなんかただのカツラだ。モト冬樹の頭にでも着けておけ。

 うんざりしたおれが来週以降の録画予約を取り消したのは改めて記すまでもないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.02

「鉄道ってなんですか?」

 3週間ぶりにカウンセリングを受けに行った。このところカウンセリングを受けているのか雑談をしているのか分からん状態の小一時間を過ごしている。そんな話し相手のK先生(女性)が、つい鉄道話についてアツく語ってしまうおれにしばしばこんな質問をぶつけてくる。

 「ぶるないさんにとって鉄道ってなんですか?」

 ここでスパッと答えられればいいのだが、なぜかしばし答えに詰まってしまう。うーむ、おれにとって鉄道趣味ってなんなんだろう? 小学校高学年くらいには時刻表やら鉄道雑誌やらを読むようになっていたので、改まってこんな質問をされると正直困る。これを読んでいるあなた、人一倍アツく語れる話題について「あなたにとって○○ってなんですか?」と問われたときに「こういうものです」と即答できるだろうか?

 差し向かいでの沈黙が苦手なので、うーんうーんと貧困なボキャブラリーの中からひねり出したのは「自分が知らないところへ行く楽しみでしょうかねえ」であった(おれは乗り鉄・撮り鉄系の鉄道好きなので)。

 あー、乗りに行きてえなあ。脈絡もなく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »