« それいけ!ワンマンマン | トップページ | イカれた警官のmixi実況中継 »

2007.11.06

「正解はCMのあとで!」

 最近はリアルタイムで民放の番組を見る頻度がめっきり減った。HDレコーダーに録画して後で見れば、うっとうしいCMはスキップできるからである。そんなCMに関するある調査結果が発表された。asahi.comより。

 場面を盛り上げるだけ盛り上げておいてから「正解はCMのあとで」「最新情報はこのあとすぐ」。こんなテレビの「山場CM」が多い番組に視聴者が不快感を抱いていることが、榊博文・慶応義塾大教授(社会心理学)らの調査で明らかになり近著で発表された。〔中略〕
 榊研究室は、慶大通信教育部、文学部の727人を対象にアンケートを02年に実施。調査対象の半数近くが20代で、次いで30代が多かった。

 バラエティには多いですなあ、この種の演出。サンプルが少なめでかつ偏り気味なので、調査範囲を広げると年齢や性別によってはまた違った結果が出るのかもしれない。とはいうものの、

 調査では、視聴者をCM明けまで引っ張ろうとする山場CMに対する印象として、強い肯定から強い否定まで九つの尺度で聞いた。「不愉快」について86%が肯定。CM明けのシーンの繰り返しには、74%が「イライラする」と回答した。

 ……「こんな演出は不愉快だ!」という結論を突きつけられたら、放送関係者は少なからず動揺するだろう。「とりあえずCMのあいだだけでも視聴者をテレビの前に釘付けにしとくんだもんね」というせこい魂胆が完全に見透かされているのだから。個人的には「所さんの目がテン!」で、番組の終わりに次回予告をした後に「それではここで所さんに問題です」というミニコーナーを思い出す(出題から答えまでのCM枠の時間が他のCM枠よりも長くないか?)。番組は嫌いじゃないが、あのコーナーはどうにも許し難い。

 民放の放送局からすれば、直接的な「お客さん」は視聴者ではなく、スポンサーに付いてくれる企業の方である。それでもちょっとは視聴者のスタンスにも立ってもらわないと、回り回って番組にお金を出してくれる企業がいなくなることになるぞ。

 星新一のショートショートに、「CMが流れている時間だけ人間を眠らせる機械」が登場するものがある(『ボンボンと悪夢』所収の「むだな時間」)。あったらほしいぞ、この機械。

|

« それいけ!ワンマンマン | トップページ | イカれた警官のmixi実況中継 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/16995626

この記事へのトラックバック一覧です: 「正解はCMのあとで!」:

« それいけ!ワンマンマン | トップページ | イカれた警官のmixi実況中継 »