« ときわ路パスで秋の乗り鉄・Scene0「宴の支度」 | トップページ | 高速スクロールのクレジットに「信用」はあるか? »

2007.12.27

漢検対DSソフト

 いささか唐突ではあるが、漢検を受けてみることにした(申し込み済み)。そもそも受けてみる気になったのは、テレビの『熱血!平成教育学院』を見ているうちに「こんなんだったらおれでも受かるんじゃね?」という、至って軽ーいものであった。

 さて、初めての漢検、どの級から受けるべきであるか? あまりにも手応えのない級では面白みがない。かといって、自分の実力と難易度の開きが大きすぎる級では受験料をドブに捨てることになる。というわけで、選んだのは「準2級」である。買ってきたテキストによれば「高校在学程度」の漢字力が要求されるそうだ。

 一緒にDS用の学習ソフトも買ってはみた。ただ、このソフトがいささか曲者であった。テキストとつきあわせると、「ホントにこのソフトで漢検の学習ができるのか?」という印象が強くある。

 どうもこのソフトは「解答者が正解を書いてくれる」ことを期待するアルゴリズムで動作しているのではないか? 誤って偏が異なる漢字を書いても、認識させると正解の漢字を出してくる。「いや、おれが書きたいのはこの字じゃないんだ」と思っていても正解の字で認識してしまう。……これでは勉強にならんぞ、おい。

 さらに厄介なことに、漢検の書き取り問題では「止め」や「はね」もちゃんと書かないと正解にならない。DSのソフトではそのへんがゆるーく設計されており、「ここはねないとダメ」などと指摘してはくれないのであった。それでもこのソフトは「財団法人日本漢字能力検定協会公式ソフト」なのである。いいのか、そんなんで。

 試験日は来年の2月3日である。さて、どうなることやら。

|

« ときわ路パスで秋の乗り鉄・Scene0「宴の支度」 | トップページ | 高速スクロールのクレジットに「信用」はあるか? »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。お久しぶりですね。
ずっと更新がなかったので、お加減が悪いのでは…と心配しておりました。

漢検をお受けになるとのこと、ご健闘をお祈りいたします。
素敵な年末年始をお過ごしください。

投稿: ぱやん | 2007.12.28 09:04

ご心配をおかけしました。

休止前に記事で触れた乗り鉄をしに行ったところ、なにやら憑き物が落ちたような状態になってしまい、まとまった文章が書けなくなってしまったのです(これについては、いまだに完治したとは言い難い状態ですが)。やはり欲をかいたのがいけなかったようです。mixiの方では思いついたときにちょろっと書いたりもしていたのですけど。
乗り鉄の記録については、書けるめどが一向に立ちません。困ったもんだ。

漢検の方は、腕試しのつもりで気楽に受けてみようと思っています。これ、2級になると受験料が準2級の倍の4000円に跳ね上がって、気楽に受けられなくなっちゃうんですよ。

投稿: ぶるない | 2007.12.28 14:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/17495808

この記事へのトラックバック一覧です: 漢検対DSソフト:

« ときわ路パスで秋の乗り鉄・Scene0「宴の支度」 | トップページ | 高速スクロールのクレジットに「信用」はあるか? »