« 駆け抜ける嵐 | トップページ | 妙案求む! »

2008.02.03

漢検初挑戦

 そんなわけで行ってきましたよ、漢検を受けに。都内で降った雪の影響を水戸あたりでもちょこっと受けつつも(常磐線の上りは6分の遅延)、会場の最寄り駅である水戸にはかなりの余裕を持って到着。

 そこまでは順調だったが、番狂わせがひとつ。会場になっている学校の方面に行くバスが意外に少ない。休日だったせいも多分にはあるだろうが、元から便数の多い路線ではなかったなあ、と20年ほど前には会場と同じ敷地にある学校に通っていたおれは思い出したのであった。自分で書いていて年月の経過にビックリである。

 試験会場は建物の5階にある教室であった。ふうふう言いながら上がっていって、「試験前に用足しを…」と思ったら、1階まで戻らないとトイレがないことに軽く絶望したりした。こういうことがあったりするから、試験会場には十分な余裕を持って着いておきたいものである。

 室内を見渡してみると、なぜか女性の比率が高めであった。ざっと見た感じでの男女比は1対3くらいか。制服姿がとても目立つ。

 開始前に解答用紙と問題がセットになったものが各人に配られる。解答用紙には受検票に書かれた番号と名前がすでに印字済み。試験と名の付くものにはすっかりご無沙汰していたおれにはけっこう新鮮な驚きであった。

 受検番号と名前が合っていることを確認したら、ふりがなを手書きで記入。おれはここで自分の受検対策が不十分なものであったことを早くも痛感させられた。手書きの感覚が鈍っている! ここ半月ほど急な法事でバタバタしていたこともあるが、DSのソフトばかりで練習していたせいで、手が「鉛筆で字を書く感覚」を忘れていたのであった。おかげで書き取り問題では、同じ文字を書いては消し書いては消しを繰り返す羽目になった。今後漢検の受検を考えている各位には「練習は鉛筆で手書きすること」を強く推奨したい(解答用紙は縦書きなので、そのへんも考慮した方がいいかもしれない)。

 実際に試験を受けてみてとんだ伏兵だったのは、漢字の部首を書く問題と、熟語の構成を問う問題。部首の方の配点はそれほど重要視されていないようだが、熟語の構成は意外な失点につながりかねないので要注意かも。

 解答そのものは20分の余裕を持って終わった。もっとも、解答用紙の回収後に配られた模範解答を見て、内心で思わず「うぎゃあ」と喚いた箇所もいくつかあったが。おれの受けた準2級の合格の目安は正答率7割程度だという。このラインはクリアしていると思うのだが、さてどんなものやら。合否の発表は40日ほど後とのことである。

3月6日追記:合否結果が届いた。結果は200点満点中178点で合格。とりあえず、もうひとつ上くらいは目指してみようかねえ。

|

« 駆け抜ける嵐 | トップページ | 妙案求む! »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75931/17948525

この記事へのトラックバック一覧です: 漢検初挑戦:

« 駆け抜ける嵐 | トップページ | 妙案求む! »